ここから本文です

怪異×ミステリ×恋愛「虚構推理」TVアニメ化!制作はブレインズ・ベース

1/15(火) 0:00配信

コミックナタリー

城平京原作による片瀬茶柴「虚構推理」のTVアニメ化が決定した。

「虚構推理」は、「絶園のテンペスト」などで知られる城平による小説。幼い頃に神隠しに遭い、片眼・片脚と引き換えに怪異や妖怪たちの知恵の神になった少女・岩永琴子と、怪異にさえ恐れられる不死身の青年・桜川九郎の2人がミステリアスな事件に立ち向かう様子を、恋愛と伝奇を交えて描く。コミカライズ版は少年マガジンR(講談社)にて連載中で、単行本は9巻まで発売されている。

【写真】「虚構推理」コミカライズ1巻 (c)城平京・片瀬茶柴/講談社(メディアギャラリー他2件)

併せてティザービジュアル、メインスタッフも公開。監督は後藤圭二、シリーズ構成は高木登、キャラクターデザインと総作画監督は本多孝敏が務め、アニメーション制作はブレインズ・ベースが担当する。放送時期やキャスト情報は続報を待とう。

あなたにおすすめの記事