ここから本文です

レーダー照射問題、元駐日韓国大使館公使「韓国軍は正常に反応したいのに、青瓦台がそれを許さない」

1/15(火) 13:02配信

AbemaTIMES

 自民党の山本ともひろ国防部会長は「平成25年にも中国海軍の艦艇から火器管制レーダーを向けられたことがあるが、その時もデータを我が方で解析し、証拠を持っているという話をしたら、あの中国がデータを出せとも言わずに認めた。横須賀にある海上自衛隊の電子情報支援隊で解析できていて、我々は証拠を持っている。友好国なので普通はそこでお手上げになるはずだが、なぜか韓国は否定をし続ける」とコメントした。

 元駐日韓国大使館公使のホン・ヒョン氏は「文在寅政権の韓国と、その前の韓国は違う。軍は正常に反応したいのに、青瓦台がそれを許さない。それで全ての混乱が生じている。現場で何かがあったら、艦長が自衛隊に“これはまずかった。単純なミスだ“と連絡すれば終わること。そういうことをこんなに問題にしたのは結局、文在寅政権だ。とんでもない勢力に国の中枢部が乗っ取られている。最近の話だが、国防の専門記者がテレビでこんなことを言った。“韓国の国防部が、主な敵を北から日本に変えようと、そういう教育をさせようとしている“と。その専門家はテレビ出演を禁止された」と指摘していた。

2/2ページ

最終更新:1/15(火) 15:08
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事