ここから本文です

東京でも「1.17」ともす 阪神大震災24年 神戸から分灯

2019/1/17(木) 21:50配信

THE PAGE

[映像]東京・日比谷公園で開かれた「1.17のつどい」

 6434人が亡くなり、3人が行方不明となった阪神・淡路大震災の発生から24年を迎えた17日、東京都千代田区の日比谷公園で、平成最後となる追悼行事「1.17のつどい」(阪神淡路大震災1.17のつどい実行委員会主催)が開かれた。寒空の下、震災の経験者だけでなく未経験者も含めた約200人が参加。地震発生時刻から12時間後となる午後5時46分ちょうどに、参加者全員で黙とうを行い、大震災の犠牲者に思いを寄せた。

【動画】神戸・平成最後の「1.17」祈りの時 阪神淡路大震災から24年

震災知らない世代へ「新たな発信拠点に」

 毎年1月17日に神戸市の東遊園地で開かれている追悼行事「1.17のつどい」。この日も神戸市で開かれたが、関東在住の被災者で神戸を離れ会場に足を運べない人や、大震災を経験していない人とも気持ちを共有したいという声があるのを受け、今年度から新たに東京会場を設けた。両会場の様子は、それぞれテレビモニターで中継された。

 会場となった日比谷公園の小音楽堂には、「1.17」の形にキャンドルが並べられた。その後、参加者一人一人がろうそくを手にし、この日に神戸市から分灯し空路で運んできた「1.17希望の灯り」をともした。希望の灯りは、被災10市10町を巡って運んだ種火と47都道府県から寄せられた種火を一つにした火。阪神・淡路大震災から5年後の2000年1月、遺族やボランティアグループからの「やさしさと思いやり、そして生きている証としての灯りをともしたい」との提案を受け、神戸市中央区の東遊園地のガス灯に点灯されたもので、以来、毎年、全国に分灯されている。

 点灯後、参加者は体験談やそれぞれの思いを交互に話した。神戸での早朝のつどいを終えて東京に来た小島汀さんは「震災のことを忘れないでほしいという思いを伝えるために来た。来年以降も続けたい。この場所で思いをつなぐことが何年たってもできるように頑張りたい」と話した。また、実行委員長を務める藤本真一委員長は「震災を知っている世代から知らない世代につないでいくために、ここが新たな発信の拠点になっていけたらと思う。来年もここで会いましょう」と語った。

1/2ページ

最終更新:2019/1/18(金) 14:23
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ