ここから本文です

うどんなどを作る「麺棒」で17歳の娘を殴った疑い 母親を逮捕 香川

1/18(金) 19:35配信

KSB瀬戸内海放送

 高松市の自宅で17歳の長女を「麺棒」で殴ってけがをさせたとして、38歳の母親が逮捕されました。

 傷害の疑いで逮捕されたのは、高松市木太町の医療事務員の38歳の女です。警察によりますと、女は1月17日、自宅で17歳の長女の体を、うどんなどを作る時に使う「麺棒」で複数回殴った疑いです。長女は、両腕などに軽いけがをしました。
 麺棒は以前から家にあったもので、調理用に使っていたということです。

 警察の調べに対し、女は「言うことを聞かなかったから殴った」と容疑を認めています。警察は、以前からしつけのつもりで手を上げることがあったとみて、調べています。

最終更新:1/18(金) 19:54
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事