ここから本文です

【INTERVIEW:魔法少女になり隊】“魔法少女になり隊”として夢を叶えた時、本当に魔法少女になれるんじゃないかなって

1/18(金) 18:02配信

OKMusic

コラボ企画『G-NEXT』の第11回目は、ラウドでポップでファンタジーな世界観で注目を集めるRPG系バンド・魔法少女になり隊。前作までとはひと味違うミニアルバム『∀』に辿り着くまでの物語を、冒険を続ける4人に語ってもらった。なお、火寺バジル(Vo)は魔女の呪いによって喋ることができないので、筆談でのインタビューとなる。

魔法少女になり隊 インタビューのその他の写真

日本工学院専門学校×GYAO!×OKMusic Presents
【G-NEXT POWER PUSH ! #11_INTERVIEW:魔法少女になり隊】

――1月23日にミニアルバム『∀(アンチエー)』がリリースされますね。歌詞には“喪失感”というテーマを持たせたとのことですが。

gari:“喪失感”というものを絶対的に意識して作ったわけではないんですが、この作品の打ち合わせの時に出てきたテーマが“Missing”だったので、そのイメージをみんなで共有できていたのかもしれませんね。

バジル:今までの魔法少女になり隊のイメージをガラッと変えたくて、切なさやカッコ良さを押し出したアルバムになったと思います。

――“今までのイメージをガラッと変える”とは?

ウイ:今までの楽曲に関してはシンセとかふんだんに使ったり、女性ヴォーカルだし、一度聴いただけでは、どんなライヴをするのかが分かりづらいバンドだったのかなと思って。

gari:うん。ひとつの楽曲にいろんな音楽のジャンルやカラーを詰め込むことが多くて。でも、それが持ち味やカラーにもなっているんですよね。それを否定するのではなくて、また別の方向に特化したものを作ってもいいんじゃないかと。

バジル:今回はウイさん以外のメンバーそれぞれが歌詞を書いたり、新しいことに挑戦してるしね。

――今作のタイトル“∀(アンチエー)”はどなたが考えたのでしょうか?

gari:もともとリード曲の「アーバン∀タネモノガタリ」のタイトルに“∀”は入ってなかったんですけど、この曲をリード曲にするとなった時、文字面がなんか寂しいなって話になりまして。そこで、“タイトルの真ん中に記号でも入れてみたらいいんじゃないか”って、僕がいろいろ調べて気に入った“∀”を当てはめてみたらしっくりきたんです。ちょうどそのタイミングでミニアルバムのタイトルを決めたいと思っていたので、アルバムのタイトルにそのまま使いました。提案したらみんなも“いいね”と言ってくれて。

バジル:イメージを変えたいというテーマにも合っていたし、“A”を逆さまにするっていうことが、結果的にアルバムにぴったりなタイトルになったよね。

gari:そう。結果的に(笑)。

――みなさんそれぞれ制作中の思い入れがある曲やお気に入りの曲はありますか?

gari:「ピーポーフーウィーラブラブ」ですね。上がってきたデモのサビを聴いた時に《ピーポーフー》っていう言葉が浮かんできて(笑)。みんなも“バカみたいにキャッチーだな”って気に入ってくれているんです。早くライヴでやりたくてしょうがない。

ウイ:僕は「トロイメライ」ですね。他の曲と比べて圧倒的に切ない雰囲気とメロディーが大好きです。1番と2番でコード進行が変わっている部分があるんですが、実はそれってバンドとして初めてトライした表現方法で。アレンジャーとしてのステップアップにつながったと思いますね。

明治:全部です。特に1曲っていうのは決めないでおきます。

バジル:「NEVER ENDING STORY」です。私が作詞をしたんですけど、ラストにぴったりな曲になったなって。アルバムをまとめてくれる一曲になりました。ライヴとかでみんなが歌えるパートもあるし、これから育っていく大切な曲になったらいいなって思います。

――3月からはツアーも始まりますね。

gari:そうですね。ツアーにどうしてもサブタイトルを付けたくて、バジさんから出てきた “Aを取り戻せ!”が “いいね!”と盛り上がったのでこれになりました。タイトルを先に付けたのでここからストーリーを作らなきゃいけないっていう大変な作業があるんですけど、言った手前、後戻りできない(笑)。

バジル:ワンマンライヴはストーリー仕立てになっているので、その演出もぜひ楽しみにしていてほしいです!

――みなさんがライヴをする意味、音楽をする意味は一体何なのでしょうか?

ウイ:僕はもう“好き”でしかないですね。今まで生きてきた中で一番のめり込めたものがギターなんです。そこからどんどん音楽というものに触れてきて、“自分はもう音楽しかやりたくない!”という我がままを突き通してきたので(笑)。これからもずっとそういうスタンスで生きていけたらって思っています。

gari:僕はもともとは音楽をやるためではなく、映像だけやるつもりでバンドに入ったんです。ステージに立ったのはあるきっかけでウイさんに表に出させられてからで。今となっては当初の予定通り映像も作れてるし、ステージはステージはバカみたいに楽しいし。“楽しい”が先にあるから苦しいことがあっても続けられるんだと思います。

明治:私は音楽で生きているっていう意識はなくて。だから、修行だと思っています。いつか自我が確立された時に、いろいろな想いを持っている人に言葉を届けられる立場でありたいなって。だから、今音楽をやっているのは単純に楽しいからというわけではないです。そこはみんなと結構違うと思います。

バジル:私はステージで歌ってみたいという小さい頃からの夢が諦められなくて。“魔法少女になりたい!”ってふざけてるように聞こえるかもしれないけど、私が魔法少女になり隊として夢を叶えた時、本当に魔法少女になれるんじゃないかなって思って。だから、今、頑張っています!

撮影:村上大地/取材:林 なな、木村圭汰
(日本工学院専門学校 蒲田校コンサート・イベント科)

OKMusic編集部

最終更新:1/18(金) 18:02
OKMusic

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事