ここから本文です

広島悔し4位…王座奪回ならず 都道府県対抗男子駅伝

1/20(日) 21:19配信

デイリースポーツ

 「全国都道府県対抗男子駅伝」(20日、広島市平和記念公園前発着=7区間)

 第1回大会以来となる優勝を目指した広島は2時間20分38秒で優勝の福島とは55秒差の4位だった。

【写真】4位でゴールする広島7区・藤川

 前回大会の12位から順位を上げたが、岩本真弥監督は「最低限の目標(8位入賞)はクリアしましたけど、もっと大きな目標を持っていただけに残念。昨年は豪雨災害もあったので、広島の皆さんを元気づける走りをと思っていたんですが、この結果をみれば微妙ですね」と、複雑な表情を隠せなかった。

 中盤までは想定通りのレース展開だった。15位でタスキを受けた3区の吉田圭太(青学大2年)が12人抜きで一気に3位に浮上。「積極的なレースで粘ることができた。沿道の応援が力になりました」。今季は出雲、全日本、箱根の大学三大駅伝全てで区間賞を獲得。その実力を地元で存分に発揮した。

 続く4区でも倉本玄太(世羅高2年)が「吉田さんが作ってくれた流れに乗って走ることができた」と、区間2位の力走で2位に順位を上げ、23年ぶりの優勝へ後半勝負に持ち込んだ。しかし、5区の中野翔太(世羅高2年)が区間23位とブレーキを踏み、上位との差を縮めることができなかった。

 5位でタスキを受けた最終7区の藤川拓也(中国電力)も懸命にトップを追いかけたが、優勝には届かなかった。鎧坂哲哉(旭化成)が海外遠征によりメンバーから外れ、人生初となるアンカーを担当した藤川は「トップに追いつくためにリスクを冒して突っ込んでいったが、後半にバテてしまった」と悔しそうに話した。

 王座奪回は来年以降に持ち越しとなったが、岩本監督は「核となる高校生は残るので悲観することはないし、強化の筋道も間違っていない。我慢して上位争いを続けていれば、きっと(優勝の)チャンスは来る」と前向きな言葉を口にした。

あなたにおすすめの記事