ここから本文です

「アルツハイマー型認知症」も介護保険を利用できる? 「介護負担軽減」のために、まずは早めに専門の窓口へ

1/21(月) 17:01配信

マネーの達人

アルツハイマー型認知症は、実体験がスポッと抜け落ちて全くなかったものとなってしまうような物忘れ症状や、新しい出来事を記憶できないという症状が挙げられます。

アルツハイマー型認知症の方でも要介護認定を受けていれば、介護保険のサービスを利用できます。

加齢に伴う認知症の場合には忘れていても助け船によっては思い出せることもありますが、アルツハイマー型認知症の場合にはヒントを言われても全く思い出せないという違いがあります。

アルツハイマー型認知症が進んでいきますと、時間や場所などについてもわからなくなります。

メディアに取り上げられる問題点はこのように日常生活に支障をきたすことでご家族のサポートや地域の方の理解が必要になるというところです。

穏やかな人が、イライラしたり、興奮したり、妄想やうつ状態、自発性の低下で何もしなくなるなど、性格が変わってしまったなんていうことも少なくありません。

介護を頑張っているご家族に対しても普段は仲良くしているのに、被害妄想を口にしたり、急に冷たいことを言ったりして態度が変わってしまうなどの症状は、介護者の精神的に大きな負担です。

アルツハイマー型認知症の介護は大変?

アルツハイマー型認知症の原因は脳の委縮によるものであり、委縮が進めば症状も進行してしまう病気です。

早期に発見し薬などで進行のスピードを緩やかにすることはできますが、認知症状が見え隠れしている時点では、本人にとっても毎日が不安で仕方ない状態になってしまいます。

家族としても何かしら手段をと思うのですが、どうしていいのかわからないこともたくさんあります。

話をしても通じなかったり、ダメだと言っても自我を通そうとする事が多いので全く手におえない状況となる場合もあります。

介護保険サービスにつなげれば何とかなるかもしれませんが、始めのうちはご本人の拒否が大きな壁になってしまうことも少なくありません。

介護保険でも負担は大きい?

介護保険は介護費用がかさんでしまうと懸念されがちですが、アルツハイマー型認知症の場合は、ご家族だけで抱え込む方が金銭面、精神面の負担が大きいといえます。

「あれ?おかしいな」と感じたらお早めに専門の窓口に相談することをおすすめします。

病院受診はもちろん必要なことですが、家での生活を続けるには、家族の支援だけでは家族も辛く限界を感じるのも時間の問題です。

そこでまずは、相談できる人を見つけましょう。

介護が大変というイメージが強いアルツハイマー型認知症ですから、介護費用が心配です。

介護施設の中には認知症専用の介護サービスもあります。

介護保険が適用になりますのでアルツハイマー型認知症だからといって高額になることはありません。

まずは、もしもの時に力になってくれる窓口をご紹介します。

1/2ページ

最終更新:1/21(月) 20:41
マネーの達人

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事