ここから本文です

1日で降雪70センチも 広範囲で大雪に

1/25(金) 19:14配信

tenki.jp

27日(日)にかけて関東甲信や北陸から四国、九州北部は日本海側で広く大雪に。長野、新潟、富山県ではたった1日で70センチの雪が降る所も。平野部でも雪の積もる所があり、交通機関への影響や車のスリップ事故などに要注意。

日本海側は平地も含め大雪に

関東甲信や北陸から四国、九州北部は、25日(金)夜から雪の強まる所があるでしょう。日本海側では26日(土)は断続的に雪が降り、平地も含めて広い範囲で大雪となりそうです。太平洋側でも山間部で積雪が一気に増えるでしょう。今季これまでで一番の大雪となることも考えられます。上の図は26日(土)午後6時までの24時間に予想される降雪量です。長野県、新潟県、富山県では、たった一日で70センチの雪が降る所もありそうです。道路が通行止めになったり、列車の運行が乱れたりと、交通機関に影響が出る恐れがあります。また、雪の重みでビニールハウスやカーポートなどが倒壊するかもしれません。なお、27日(日)にかけても雪が降り続き、積雪はさらに増えるでしょう。

雪の少ないエリアも要注意

太平洋側の平地でも、あちらこちらで雪となるでしょう。今回のポイントは普段、雪の少ない地方でも雪の積もる所がある、ということです。積もる量が少ないとしても、路面がシャーベット状になったり、凍結したりして、車はスリップ事故が起こりやすくなります。局地的な大雪により立ち往生が発生することも考えられますので、車を運転する方は手袋やスコップ、毛布やカイロ、食べ物や飲み物を用意するなど、万が一に備えてください。

強まる季節風 体感温度は氷点下?

また、26日(土)は全国的に季節風が強まり、寒さも強烈です。関東から西でも最高気温は10度に届かない所が多く、身を切るような冷たい風が吹きつけて、体感温度はさらに下がるでしょう。寒さ対策も万全になさってください。

日本気象協会 本社 中川 裕美子

最終更新:1/25(金) 19:14
tenki.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事