ここから本文です

車中泊の旅に仲介サイト 駐車場シェアで観光振興

1/26(土) 15:19配信

共同通信

 自動車内で泊まりながら旅行する人に、有料で駐車スペースを貸し出せる仲介サービスが1月末、本格的に始まる。住民や商業施設が空いている所有地をインターネットで登録し、旅行者と結び付ける仕組みで、シェアリングエコノミー(共有型経済)の代表格である民泊サイトの車中泊版となる。自動車の旅は最近人気がある半面、安心できる滞在場所が少なく、貸し借りしやすくして観光振興にもつなげる。

 ベンチャー企業のカーステイ(東京)が30日に仲介サイトを稼働させる。駐車場の所有者は一晩500円から自由に料金を設定し、シャワーやトイレなど周辺設備の情報を入力してサイトに登録する。

最終更新:1/26(土) 15:19
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事