ここから本文です

【MLB】バウアー、今度は大学生に“被弾”!? 変化球を完璧に捉えられた迫力ある動画公開

1/26(土) 22:31配信

Full-Count

昨季メジャー12勝の右腕が「被弾」

 インディアンスのトレバー・バウアー投手が、自主トレに参加しているアマチュア選手に豪快に“被弾“し、話題となっている。レッドソックス番記者のジャレッド・キャラビス氏がホストを務めるポッドキャスト番組「スターティング9」が公式ツイッターでその動画を紹介。現場が大きく盛り上がる様子が収められている。

【動画】今度は大学生に“被弾”!?… バウアー、変化球を完璧に捉えられる

 米シアトル郊外にあり、メジャーリーガーの間でも話題になっているトレーニング施設「ドライブライン・ベースボール」で自主トレを行っているバウアー。これまでにも、同施設での迫力ある投球動画が何度も公開されている。今回紹介されているのは、昨季メジャー12勝の右腕が“被弾”している場面だ。

 熱気ムンムンの室内練習場での“対決”。バウアーの真後ろから撮影された動画では、左打席に入った打者が75.3マイル(約121キロ)のカーブと思われるボールを完璧に弾き返している。そして、結果が出た瞬間に周りで見ていた選手たちと一緒に歓喜の絶叫。室内練習場であるため実際にどうなったかはわからないが、どうやらホームランと判定されたようだ。

 動画を公開した「スターティング9」の公式ツイッターは「トレバー・バウアーがデアンドレ・スミスとの対決で被弾する。ドライブライン・ベースボールは熱い雰囲気に包まれている」とレポート。スミスは大学生プレーヤーだと思われる。

 SNSで度々世間を騒がせているバウアーは、今オフに入ってから自身のツイッターでトレーニングパートナーの募集をかけ、期間中に自身からホームランを打つ度に1000ドル(約11万円)のボーナスを支給するという斬新な“企画”で話題となっていた。12月には独立リーグの選手に“被弾”した様子を自身のツイッターでも公開している。高いテンションでトレーニングを続けられていることは間違いないようだ。

Full-Count編集部

最終更新:5/4(土) 17:58
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事