ここから本文です

東海第2再稼働反対の首長ゼロに 茨城県那珂市、同意対象で

1/27(日) 18:10配信

共同通信

 日本原子力発電東海第2原発(茨城県東海村)の再稼働に事前同意権を持つ茨城県那珂市で27日、任期満了に伴う市長選が告示され、無所属新人の元県議先崎光氏(61)=自民推薦=以外に届け出がなく、無投票で初当選が決まった。来月12日に任期を終える海野徹市長は再稼働反対を表明したが、先崎氏は当選後の取材に態度を明言せず、同意対象の自治体で反対姿勢を明確にする首長がいなくなる。

 2021年3月以降の再稼働を目指す原電の今後の動きにも影響を与えそうだ。

 海野氏は昨年10月、同意対象の地元6市村で初めて賛否を示したが、家族の反対などを理由に立候補を見送った。

最終更新:1/27(日) 18:11
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事