ここから本文です

“デリヘル嬢”徳永えりを襲う悪質客の横暴に戦慄 『フルーツ宅配便』第3話

1/27(日) 16:00配信

クランクイン!

 俳優の濱田岳が主演を務めるドラマ『フルーツ宅配便』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)の第3話が放送され、デリヘル嬢に扮した女優の徳永えりが悪質な客に襲われるシーンに視聴者から「怖いよーー」「早く助けてあげて!」「すごい演技力!」などの声がSNSに寄せられた。

【写真】デリヘル嬢を演じた徳永えり 『フルーツ宅配便』第3話フォトギャラリー


 「ビッグコミックオリジナル」(小学館)で連載中の鈴木良雄による同名漫画を基にした本作は、子どもの学費を稼ぐシングルマザー、整形したい若者、詐欺で借金を背負ったOLなど、デリヘルで働くワケありな女性の人間模様を、デリヘルの店長になった男の目線を通して描いていく。

 デリヘル店「フルーツ宅配便」で人気No.1のみかん(徳永)は10歳の息子を育てるシングルマザー。息子のために引っ越しを決めていたみかんは、家の契約も決まり、引っ越し目前だったが、不動産業者からデリヘル嬢であるということを理由に、契約を破棄されてしまう。咲田(濱田岳)やレモン(北原里英)、イチゴ(山下リオ)の前では明るく振舞い、客の待つホテルに向かう彼女は、悪質な客によりピンチに直面してしまう…。

 客が待つホテルの部屋に入室したみかんだったが、対面した客から怪しい雰囲気を感じ取った彼女は冗談めかして「お兄さん怖い~」と一言。男がヘラヘラ笑いながら「怖くないよ…」とつぶやくと、物陰からビデオカメラを持った男が登場。想定外の事態にみかんは表情を凍りつかせて「どういうこと…?」と立ち尽くしてしまう。彼女は一瞬の間を置いて部屋から脱出しようとするものの、男に担ぎ上げられ、無理やりベッドに押し倒される。このシーンに、視聴者からは「こわいこわいこわい」「早く助けてあげて!」などのツイートが。

 男はみかんのスマートフォンを取り上げると、画面に映った息子とのツーショット写真をあろうことかカメラで撮影。みかんは今にも泣き出しそうな表情で「ねえ! 撮らないで!」と抵抗するも、男に殴打される。緊迫したやりとりと、悲愴感に溢れた徳永の熱演に、SNSには「すごい演技力!」の声も多数寄せられた。

最終更新:1/27(日) 16:00
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事