ここから本文です

【MLB】新人王の大谷翔平が黒スーツで「夕食会」出席 エ軍が動画公開「誇りに思う」

1/27(日) 9:20配信

Full-Count

全米野球記者協会から「表彰」、エンゼルスは公式ツイッターで水原通訳との記念撮影を公開

 昨季のア・リーグ新人王に輝いた大谷翔平投手が26日(日本時間27日)、ニューヨークでの全米野球記者協会(BBWAA)の夕食会に出席。エンゼルスの球団公式ツイッターが黒いスーツで決めた大谷と水原一平通訳の動画を公開している。

【動画】黒スーツでビシッと決めて登場 ア・リーグ新人王に輝いた大谷翔平投手が全米野球記者協会の夕食会に出席

 エンゼルスの公式ツイッターは「ショータイムがニューヨークに現れる。ショウヘイ・オオタニは今夜ニューヨークで開催される全米野球記者協会の夕食会でア・リーグ新人王の表彰を受ける」とレポート。盾を持ち、水原通訳と2ショットで記念撮影を行う動画も添えられた。大谷は黒スーツに黒ネクタイ、水原通訳もタキシードで決めている。

 大谷はメジャーデビューイヤーの昨季、開幕後に二刀流でメジャーを席巻。右肘靭帯損傷の影響で後半戦はほぼ打者に専念したものの、最終的には、打者として104試合出場で、打率.285、22本塁打、61打点、OPS(出塁率+長打率).925、10盗塁、投手として10試合登板で、4勝2敗、防御率3.31、51回2/3で63奪三振という成績をマークした。

 新人王の投票では、ヤンキースのミゲル・アンドゥハー内野手との一騎打ちが予想されていたが、蓋を開ければ1位票を30票中25票獲得。トータルでも大谷が137ポイント、アンドゥハーが89ポイントと圧勝だった。目の肥えた米国のベテラン野球記者から、二刀流という偉業は高く評価されていた。

Full-Count編集部

最終更新:1/27(日) 9:26
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事