ここから本文です

<島崎遥香>埼玉出身に「恥ずかしいよね」とチラリ本音

1/28(月) 19:39配信

まんたんウェブ

 アイドルグループ「AKB48」の元メンバーで女優の島崎遥香さんが28日、東京ドームシティホール(東京都文京区)で開かれた映画「翔んで埼玉」(武内英樹監督、2月22日公開)のジャパンプレミアに登場。東京と比較して埼玉を“イジる”内容の同作について、埼玉県出身の島崎さんは「(公開で)これで胸を張って埼玉県民と言えます」と強調したが、共演した同じ埼玉県出身の益若つばささんと話すうちに「(埼玉出身とは)声を大にはできないけれどね。恥ずかしいよね」と本音を漏らしていた。

【写真特集】島崎遥香が透けレースの甘めコーデ 益若つばさはメイド姿で

 さらに島崎さんはイベントの後半で「(埼玉県出身として)恥ずかしさはありますけれど」と再び口にして、「(この作品で)ちょっとは誇れる物ができたのじゃないかと思います。今までは(誇れるものが)さいたまスーパーアリーナしかなかったので」と答えて、観客の笑いを誘っていた。

 イベントには、ダブル主演の二階堂ふみさんとGACKTさん、さらに伊勢谷友介さん、ブラザートムさん、加藤諒さん、中尾彬さん、京本政樹さん、武内監督も出席した。

 同作は「パタリロ!」で知られる魔夜峰央さんが1982年に発表し、2015年に復刻されたマンガが原作。埼玉県民は東京都民から迫害を受けていたという設定で、東京でトップの高校・白鵬堂学院の生徒会長で東京都知事の息子の壇ノ浦百美(二階堂さん)と、米国帰りの転校生・麻実麗(GACKTさん)は互いに引かれ合う。しかし麗は埼玉出身で、埼玉と東京の「通行手形」の撤廃を求める「埼玉解放戦線」のメンバーだった……というストーリー。

最終更新:1/28(月) 19:55
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事