ここから本文です

大阪国際2位の小原 東京五輪へ節制緩めず「このままのリズムで」

1/28(月) 10:50配信

デイリースポーツ

 大阪国際女子マラソン(27日、ヤンマースタジアム長居発着)を2時間25分46秒で走り、日本人トップの2位となった小原怜(天満屋)が一夜明けた28日、大阪市内で取材に応じた。

 レース後は「温かい物を」としゃぶしゃぶを頬張り、今朝は久しぶりにクロワッサンを食べたという。しかし甘い物は手に取らず「ここで気緩めたらまた戻すのに時間かかるので。このままのリズムで9月までは行きたい」。東京五輪代表の座を射止めるためにも、ひとまずマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)が行われる9月15日までは自分に厳しくい続ける覚悟だ。

 また、故障などもあり、継続的な練習の足りなさも痛感している。体作りやケアにも注力しながら「しっかり地を固めて、9月へ向けてやっていきたい」と決意を新たにした。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事