ここから本文です

嵐のリーダー・大野智という男…Jr.時代に退所を申し出ていた

1/28(月) 6:05配信

スポーツ報知

 活動休止をメンバーに申し出たのはリーダー・大野智だった。グループ随一のダンス力、歌唱力を誇り、最もシャイで寡黙な男。その一方、ほんわかしたキャラクターからメンバー内のマスコット的存在でもあった。「5人で嵐」という共通認識があっただけに、他の4人のメンバーは、大野抜きで活動を続けることは考えられなかっただろう。

【写真】会見では笑顔も見せた嵐のメンバー

 大野はジャニーズJr.時代、一度退所を申し出ている。1997年から2年間、大野は地元を離れ京都の劇場でエンターテインメントショー「ジャニーズ・ファンタジーKYO TO KYO」に出演していた。慣れない土地での公演は、高度なパフォーマンスを要求されるほか、1日4~5回公演が当たり前のハードスケジュール。日によっては空席が目立つこともあったといい、心身ともに削られる体験だったという。

 この公演後、ある種の達成感を抱いた大野はアイドルをやめる決意を固め、最後のサポートのつもりで挑んだのが「A・RA・SHI」のレコーディングだった。本人は仮歌のつもりで臨んだはずが、その数か月後にまさかのデビューを果たすことになった。

 嵐の不動のメインボーカルで、振り付けも行う大野は、アイドルとしてのポテンシャルはグループ随一。シリアスからコメディーまでこなす演技力も持ち合わせていた。しかし本人はひとり黙々と作業をすることの方が性に合っていた。絵を描くことやアートに造詣が深く、個展「FREE STYLE」は、アート関係者の評価も高かった。釣りをこよなく愛し、昨年には2級小型船舶免許を取得したほど。黙々と釣り糸を垂れ、自分自身と向き合う時間を大切にしてきた。

 話し合いが始まったのは2017年6月ごろ。その前年に撮っていたドラマ「世界一難しい恋」、映画「忍びの国」を最後に、個人の仕事はセーブ。嵐のレギュラー番組やライブ、数本のCMをメインに活動してきた。公式サイトで語った「一度何事にも縛られず、自由な生活がしてみたい」は、これまでノンストップで走り続けてきた大野の本音なのかもしれない。

最終更新:1/28(月) 13:11
スポーツ報知

あなたにおすすめの記事