ここから本文です

SMAP解散から嵐の休止発表まで ジャニーズ「激動の3年」を総まとめ

1/28(月) 10:40配信

BuzzFeed Japan

東京地検は5月1日付で不起訴処分(起訴猶予)に。女子高生側と示談が成立したことを考慮したものとみられる。

4月26日の時点では、山口さんは「私の席がそこにあるのであれば、またTOKIOとしてやっていけたら…」と語り、ジャニーズ事務所も無期限謹慎にとどめる方針だった。

しかし、反省が不十分だとの指摘が相次ぎ、事務所は5月6日に契約解除を発表。山口さんのTOKIO脱退とジャニーズ退所が決まった。

5.NEWSの2人、未成年と飲酒騒動

NEWSの小山慶一郎さんと加藤シゲアキさんが未成年と飲酒したことを、2018年6月に週刊文春が報道。

ジャニーズ事務所は6月7日、飲み会を開催した小山さんの活動自粛を発表した。小山さんに呼ばれて飲み会に同席した加藤さんについても「厳重注意」とした。

小山さんは同日、キャスターを務める「news every.」(日本テレビ系)で、「キャスターとして不適切」だったとして「本当に申し訳ありませんでした」と謝罪。

半年後の12月19日、藤井貴彦アナウンサーが番組内で小山さんの手紙を代読し、「news every.」降板を発表した。

6.タッキー引退

滝沢秀明さんと今井翼さんは2018年9月、タッキー&翼の解散を連名で発表した。

滝沢さんは同年いっぱいで芸能活動を引退し、今年からタレント育成やプロデューサー業に転身。今井さんはジャニーズ事務所を退所し、持病のメニエール病の療養に専念する。

2人は大晦日の年越し公演「ジャニーズカウントダウン」で有終の美を飾り、滝沢さんは「さらにジャニーズを盛り上げていきたい」と挨拶した。

7.嵐が2020年で活動休止

嵐は2020年12月31日をもって、グループとしての活動を休止する。1月27日、ファンクラブを通じて報告し、記者会見した。

「嵐20周年、そして2020年という区切りで一度嵐をたたみ、5人それぞれの道を歩んでもいいのではないか」

有料ファンクラブサイトに投稿された動画メッセージによると、リーダーの大野智さんが2017年6月ごろ、ほかのメンバーそう相談したという。

動画メッセージでの各メンバーの主なコメントは以下の通り。

「2020年いっぱいまでの残りの期間、今できる自分にできる使命をきっちと果たしていきたいと思っております」(大野智さん)

「忘れないでいただきたいのは、僕らはいつまでも嵐なので、どうぞよろしくお願いいたします」(二宮和也さん)

「今年は20周年もありますし、2020年の最後まで五人で走り抜けたいと思っております。ファンの皆さん、ついてきてください」(松本潤さん)

「いつの日か、5人が同じ方向を向いて嵐として活動再開ができる時には、皆さんに喜んでもらえるようなパフォーマンスができるように、本気で頑張らせていただきます」(相葉雅紀さん)

「ここから5人で駆け抜けていくなかで、温かみを感じられる線香花火のようなものから、どでかい打ち上げ花火まで、可能性の是非も含めて日々考え続けています。どうか見守っていただけたらと思います」(櫻井翔さん)

     ◇
この3年余の間に、いくつもの激震に見舞われてきたジャニーズ事務所。各グループのみならず、事務所全体の舵取りや、芸能界のパワーバランスの変化に注目が集まっている。

2/2ページ

最終更新:1/28(月) 13:49
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事