ここから本文です

早期発見で野球少年の未来を守る 無料で行われる「野球肘検診」とは?

1/28(月) 14:55配信

Full-Count

エコー検診、理学療法士が子どもたちの肘、肩の動きをチェック

 1月27日、兵庫県神戸市のアシックス本社体育館で「第3回神戸野球肘検診」が行われた。主催はHBCA兵庫野球指導者会。神戸大学医学部整形外科、医療法人社団あんしん会、株式会社アシックスなどの協力で行われた。

【写真】あなたの目にはどちらに見える?…米国で右腕にも左腕にも見える投手の壁画が話題に

 少年野球の現場では、投手の投げすぎや練習のし過ぎなどが原因で、野球肘を発症する子どもが後を絶たない。放置すると野球ができなくなるだけでなく、重症化すれば日常生活にも支障が出る可能性がある。

 そこでHBCA兵庫野球指導者会は、一昨年から医療法人社団あんしん会の協力を得て野球肘検診を実施してきた。昨年までは年に4回、神戸市内のあんしん病院で実施され、それぞれ200人程度の少年野球選手を検診してきたが、今回は神戸大学医学部整形外科の協力も得て、アシックス本社体育館で大規模な検診を行った。

 事前に予約した少年野球チームは指導者や保護者に引率されて会場にやってくる。選手は、問診票を提出し、エコー検診を受ける。肘の状態によって、PT(理学療法士)によるチェックや、測定、医師の診察などのコースを受ける。

 肘にOCD(離断性骨軟骨炎)が見つかった選手は、一般的にはドクターストップがかかり、野球活動を中断することになる。しかし軽症のうちに見つかれば、その後、野球を再開することは可能だ。重症化すると手術を受けなければならなくなるので、一刻も早く異常を発見することが必要だ。エコー検査では、子どもたちは心配そうな表情で肘のエコー画像を見つめていた。またPTチェックでは、理学療法士が子どもたちの肘や肩などの動き方など、体の各部位を細かくチェックしていた。

1日で724人の子どもたちが受診、保護者向けに講習と栄養指導も

 検診が終わった子どもたちは、スポーツリズムトレーニングを体験した。これはリズムに合わせて体を動かすことで運動パフォーマンスを向上させるトレーニング。下肢障害を予防するうえで大いに効果がある。さらに指導者によってストレッチなどの運動指導も行われた。

 また、保護者向けにはOCD発生のメカニズムを分かりやすく説明する講習と栄養指導が行われた。野球肘検診は、全国で行われているが、OCDなど異常が見つかると子どもを試合に出すことができなくなるため、受診しない指導者や主力級の選手を外して受診する指導者がいるといわれている。こうした事態を避けるためには、指導者ではなく保護者に野球肘の知識を正しく身に着けてもらう必要がある。保護者に対する座学は、そういう意味で非常に重要だ。

 朝10時から午後5時まで、1日で受診した子どもは724人。当初は800人以上を予定していたが、インフルエンザの流行もあり予定をやや下回った。この中で12人の子どもにOCDが見つかった。また5人が疑わしい症状と診断された。講習を受けた保護者は192人。

 主催者のHBCA兵庫野球指導者会、谷中康夫代表は、「この検診は、強制ではなく任意の参加です。それでもこれだけ受診してくれたのは成果だと思います。病院、医師の皆さんのご厚意で受診費用は無料です。また諸経費は株式会社アシックスさん、大塚製薬さんなどのスポンサードで賄っています。医師や企業も、野球少年の健康を守る取り組みに賛同してくださっているのです。来年以降も実施する予定ですので、楽しく野球を続けるために、ぜひ受診してほしいですね」と語った。子どもたちの未来を守るため活動を続けていく。

広尾晃 / Koh Hiroo

最終更新:1/28(月) 14:55
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/24(水) 19:05

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ