ここから本文です

大当たりの中日、不発の巨人&阪神…“補強”上手は? 12球団昨季補強検証【セ編】

1/28(月) 20:03配信

Full-Count

リーグ3連覇の広島は補強というほどの補強はしておらず…

 2019年に入り、早くも1か月が経とうとしている。1月も終盤に入り、プロ野球界はいよいよキャンプインが目前へと迫ってきた。2019年シーズンに向けて約1か月に及ぶ長く、厳しいキャンプは沖縄、宮崎、そして米アリゾナ州スコッツデールでスタートする。

【写真】バレンティンも「いいね!」…DeNAソトが“美しい”キス写真とともに挙式の様子を公開

 キャンプも目前に迫り、各球団の戦力整備もほぼ終了と言えるだろうか。補強も進み、昨季から引き続きチームに残留する者、球団を変えて新天地で新たに再出発を切る者、そして、今年もまた新たに日本の地を踏む助っ人外国人がいる。今季は一体、どの助っ人が活躍するのか。シーズンの行方を占う1つの要素となるだろう。

 補強の成果はシーズンが終わってみないと分からないもの。今オフの12球団の補強の成果は2019年シーズンが終わる10月、11月になってハッキリすることだろう。では、昨季、“補強上手”だったのは、どこの球団だったのか。2019年の球春が到来する前に、今一度、振り返り、A~E評価で診断してみよう(育成から支配下へ昇格した選手は除く)。

 今回はセ・リーグ6球団を検証する。

◯広島 D
レオネル・カンポス投手
1試合0勝0敗0セーブ0ホールド 0.00
ジョニー・ヘルウェグ投手(途中)
7試合0勝0敗0セーブ2ホールド 1.13
曽根海成内野手(トレード、途中)
11試合18打数5安打0本塁打2打点 .278
 
 3年連続のセ・リーグ制覇を成し遂げた広島。昨オフは既存戦力が整っていたこともあって補強は最小限にとどまった。シーズン中にヘルウェグを獲得し、トレードで曽根が加入した。ヘルウェグは中継ぎで、曽根は内野のバックアッパーとして貢献したが、そもそも補強という補強をしておらず、評価しづらいところ。今オフは課題だった投手陣を重点的に補強し、4連覇を目指す。

◯ヤクルト C
山田大樹投手
2試合0勝1敗0セーブ0ホールド 15.88
田代将太郎外野手
73試合31打数10安打1本塁打2打点 .323
マット・カラシティー投手
32試合7勝3敗3セーブ1ホールド 4.18
デーブ・ハフ投手
35試合3勝6敗0セーブ7ホールド 4.87
青木宣親外野手
127試合495打数162安打10本塁打67打点 .327
ジェイソン・ウルキデス投手(途中)
5試合0勝0敗0セーブ0ホールド 5.06

 前年度最下位から交流戦最高勝率、リーグ2位まで躍進したヤクルト。新たに加えた助っ人の働きはまずまずだったか。カラシティーはリリーフでシーズンをスタートさせ、先発、再びリリーフと役割を変えて7勝をマーク。ハフは先発で開幕を迎え、シーズン途中から中継ぎへと回り、7ホールドを記録したリリーフで貢献した。日本球界に復帰した青木は打率.327の好成績を残した。助っ人陣は際立った成績ではないものの、青木の活躍もあり「C」とした。

1/2ページ

最終更新:1/28(月) 20:20
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/22(水) 9:30

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい