ここから本文です

【3月の株主優待】人気のクオカード優待品 利回り4%後半以上の企業を一気に16社ご紹介

1/29(火) 8:00配信

マネーの達人

企業の決算月が集中する3月は、株主優待を実施する企業も多数にのぼります。

一般消費者向けのサービスや商品を持たない企業では、株主優待品としてクオカードが採用されることが多く、コンビニなど広いジャンルの店で現金同様に利用できるため個人投資家にも人気の優待品です。

昨年後半以降の株価下落により「高い配当 + 優待利回り」をマークする企業も目立ってきました。

今回は、人気の金券であるクオカードを株主優待品として採用する配当 + 優待利回りが4%後半以上の企業を、一気に16社ご紹介します!

株価他数値は、1/18(金)終値時点でのYahoo!ファイナンスの株価より算出しております。なお、株式購入の際は、最低購入金額の他に証券会社の手数料が別途かかります。

1. ルネサスイーストン(9995)

半導体を扱う商社です。

自動車関連向け商品に強みがあり、海外製電子部品の扱いも拡大しています。
 
・ 株価 414円
・ 最低購入金額 4万1400円(100株)
・ PER 13.06  PBR 0.42    
・ 権利確定月 3月末
・ 配当 12.00円/年
・ 配当利回り 2.90%

■株主優待
【クオカード】
100株以上  1千円
1000株以上 2千円(継続保有3年未満)
       3千円(継続保有3年以上)

2. 秀英予備校(4678)

静岡地盤の学習塾で、中学生向け集団指導塾が主力です。

・ 株価 483円
・ 最低購入金額 4万8300円(100株)
・ PER 20.25  PBR 0.85    
・ 権利確定月 3月末・9月末
・ 配当 12.00円/年
・ 配当利回り 2.48%

■株主優待
【クオカード】
100株以上 500円

3. 進学会ホールディングス(9760)

北海道地盤で、集団指導塾「北大学力増進会」が主力の企業です。

・ 株価 560円
・ 最低購入金額 5万6000円(100株)
・ PER 31.96  PBR 0.40    
・ 権利確定月 3月末
・ 配当 15.00円/年
・ 配当利回り 2.68%

1/4ページ

最終更新:1/29(火) 8:00
マネーの達人

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ