ここから本文です

100以上のやきいもメニューが集結「品川やきいもテラス2019」始まる

1/29(火) 4:20配信

TOKYO HEADLINE WEB

 ホカホカのやきいもを求めて4万人が詰めかける“やきいもの祭典”「品川やきいもテラス2019」が本日28日から品川シーズンテラスにてスタート。

 前回(2018年初頭)開催時には4万3000人の来場を記録した「品川やきいもテラス」がさらにパワーアップ。全国から集結した人気やきいも専門店が100品目以上の“やきいも”メニューを出品するほか、本イベントならではのユニーク企画も盛りだくさん。

 今回は全国から15店舗の絶品やきいも専門店が集結。和歌山県串本町の一部でしか生産されていない超激レア品種「なんたん蜜姫(みつひめ)」や、紫芋のなかでも特に濃さとコクがあり市場になかなか出回らない「あやむらさき」といった、味わう機会の少ないレア品種が初登場。さらに、芋を一度焼いてから冷凍することで繊維を柔らかくしトロトロの食感を生み出すという、大学との共同研究で作りあげた「極甘の熟成やきいも」や、鹿児島・桜島の溶岩でじっくりと焼き上げた紅はるかにミネラル豊富なフランス産ロレーヌ岩塩をつけて再び焼き仕上げる「プレミアム塩やきいも」など、進化した調理法のやきいもも見逃せない。

また、さつまいもの新たなおいしさを発見できる「やきいもグルメ」も大集合。「やきいもクレープ」や「やきいもコロッケ」、「やきいもホットスープ&ドリンク」などさつまいも、やきいもの新たな可能性を楽しもう。

 会場では、毎回好評の「野外こたつ」が今回も登場する他、新たにおみくじならぬ「いもくじ」を用意。会場内のフォトスポットで撮った写真に「#(ハッシュタグ)品川やきいもテラス」をタグ付けして投稿すると「いもくじ」を先着順で引くことができる。当選者には、やきいもグッズをプレゼント! また2月1~3日の3日間は、さつまいも生産量日本一を誇る鹿児島県から霧島市の物産展が登場。つきたてのもちに、鹿児島県産の蒸したさつまいもを加えて混ぜ、きなこをまぶしていただく鹿児島の郷土菓子「ねったぼ」を無料で配布する予定。他にも「霧島茶」の試飲や販売など霧島市の特産品がそろう。

 やきいもづくしで心も体も温まろう!

最終更新:1/29(火) 4:20
TOKYO HEADLINE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事