ここから本文です

電気グルーヴ「日本の音楽シーンに居場所がない、作らないと」歴史を振り返る!

1/29(火) 18:40配信

J-WAVE NEWS

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:藤田琢己)。1月28日(月)のオンエアでは、emmaとのコンビでお届けしました。

注目の新譜・いま注目すべき名盤・話題の来日アーティストなど、週替わりで1組のアーティストを4日間かけて掘り下げていくコーナー「FEATURE TOPICS」。この週は今年結成30周年を迎えた電気グルーヴを特集します。

唯一無二の音楽で魅了する電気グルーヴ

1989年に結成された電気グルーヴ。唯一無二の音楽、そしてこれまで体験したことのないステージパフォーマンスで、多くの人を虜にしてきました。メンバーの石野卓球さんは、日本のテクノシーンを牽引する存在であり、世界的に有名なDJ・トラックメーカー。そして、ピエール瀧さんは、2019年の1年間限定で、電気グルーヴの活動においての芸名を「ウルトラの瀧」に改名すると発表し話題になりましたが、今やタレントや俳優、声優など幅広く活躍中です。そんなふたりからなる電気グルーヴは、どんな歴史があるのでしょうか?

「すでにあるシーンには自分たちの居場所はない」

1989年、前身バンドである「人生」が解散しすぐに、石野さんと瀧さんが中心となって電気グルーヴが結成されました。当時のメンバーは4人。翌年には早くもメジャーデビューの話があり、「インディーズでアルバムを出しておきたい」とう石野さんの思いから、1枚アルバムをリリースします。このアルバムのリリースを機にメンバーチェンジがあり、石野さん、瀧さん、CMJKさんの3人になりました。

結成から2年で、まずはTM NETWORKとのカップリング・シングルでデビュー。その後、電気グルーヴとしてのデビュー・アルバム『FLASH PAPA』をリリース。当時の彼らはラップを多用していますが、音楽的な影響はアメリカよりもイギリスの方が強く受けていたそうで、『FLASH PAPA』は英マンチェスターでレコーディングが行われました。このときに現地のクラブシーンに衝撃を受け、「すでにあるシーンの中に自分たちの居場所を探そうとしていたけれど、すでにあるシーンには自分たちの居場所はない。これから作らないと」という気持ちに変化したそう。

しかし、その決意をしたタイミングでメンバーのCMJKさんが脱退。そんな経緯で2人になってしまった電気グルーヴは、現在、METAFIVEのメンバーとしても活動している砂原良徳さんに「誰か紹介して」と相談。砂原さんがそのまま加入することに。まりんという愛称で親しまれます。

1/2ページ

最終更新:1/29(火) 18:40
J-WAVE NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事