ここから本文です

鳥栖の日本代表GK権田修一、ポルティモネンセ移籍! 自身2度目の海外挑戦

1/29(火) 21:09配信

SOCCER KING

 サガン鳥栖は29日、日本代表GK権田修一がポルティモネンセSC(プリメイラ・リーガ/ポルトガル1部)に完全移籍することを発表した。

 移籍決定を受け、権田は鳥栖のクラブ公式HPでコメントを発表。心境を述べている。

「サガン鳥栖ファン、サポーターのみなさん ポルトガルのポルティモネンセSCに移籍することになりました。サガン鳥栖での2年間、皆さんには常勝という最高のファンサービスはできませんでした。それでもみなさんが最高の応援をしてくれたこと、本当に感謝しています」

「サガン鳥栖は地方クラブです!その事実は一生変わりません。街の人口が少なくても1人1人が心の底から声を出し、サガン鳥栖を愛する気持ちを持てば密度の濃い強い砂岩ができあがると思います。これからも皆さんがサガン鳥栖を支えていって下さい。2年間本当にありがとうございました」

 現在29歳の権田はFC東京の下部組織出身で、2007年にトップチームへ昇格し、プロキャリアをスタートさせた。FC東京では2009年からレギュラーとして活躍するが、2015年8月にオーバートレーニング症候群が発覚する。その後、復活を目指す同選手は2016年1月にSVホルン(オーストリア2部)へ期限付き移籍した。SVホルンには2017年1月まで所属し、同14日にFC東京との契約を両者合意の下で解除。ヨーロッパでの移籍を模索したものの、移籍先が見つからず、2月に鳥栖へ完全移籍した。

 昨季の明治安田生命J1リーグでは全34試合に出場し、J1で2番目に少ない34失点に抑える活躍を披露した。3年ぶりに日本代表復帰を果たすと、AFCアジアカップUAE2019を戦うメンバーにも選出。準決勝までの全6試合中5試合に先発出場している。

 2度目の海外挑戦で、権田はどのようなプレーを見せるだろうか。

SOCCER KING

最終更新:1/30(水) 11:02
SOCCER KING

あなたにおすすめの記事