ここから本文です

「自分を恥じている。申し訳ない」イラン代表FW、SNSで暴力行為を謝罪

1/29(火) 11:29配信

ゲキサカ

 イラン代表FWサルダル・アズムンが、日本代表戦での愚行を謝罪した。

 28日、アジアカップ準決勝で日本と戦ったイラン。百戦錬磨のDF長友佑都が「今、アジアで一番良いFWの一人」と評した24歳の若きエース、アズムンは前半22分にワンツーで抜け出し、決定的なシュートを放つなど日本の脅威となった。

 しかし、それ以降はマッチアップしたDF冨安健洋のマークに手を焼き、なかなか攻撃に絡めずにいた。すると、徐々にフラストレーションが溜まり、日本に3点目を許した後半アディショナルタイムにそれが爆発してしまった。

 イランのキックオフ直後にアズムンがFW大迫勇也と交錯。センターサークル内で大迫が倒れたまま試合は流れ、日本のPA外でプレーが止まると、両チームの選手が入り混じっての小競り合いに発展した。その際、アズムンがMF柴崎岳の顔面を掴むなど、退場となってもおかしくなかったが、イエローカードにとどまった。

 試合終了後、アズムンは自身のインスタグラム(@sardar_azmoun)を更新。「皆さんに感謝を伝えたい。代表チームを応援してくれた人たちの声援にはいつも励まされてきた」と感謝を述べつつ、「今日は本当に自分のことを恥ずかしく思うし、申し訳なかった」と謝罪した。

最終更新:1/29(火) 11:35
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事