ここから本文です

19年度のバター輸入枠50%増 2万トン、生乳生産量減で

1/30(水) 10:53配信

共同通信

 農林水産省が、2019年度のバター輸入枠を18年度比で約50%増やして2万トン程度にする方針を固めたことが30日、分かった。原料となる生乳の生産量が減少しているほか、バターの需要も増加傾向であることが要因とみられる。同日午後に発表する。

 輸入枠は毎年1月に決め、その後も定期的に専門家を集めた会議を開催し、輸入枠を増やすか検証する仕組みになっている。

 18年度は1万3千トンに設定したが、昨年9月に発生した北海道地震で生乳の生産に影響が出た。バターは原料となる生乳不足に伴ってスーパーなどで欠品が相次ぐ状況となり問題となった。

最終更新:1/30(水) 10:58
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事