ここから本文です

大阪・関西万博の協会設立 会長「日本中の力を結集」

1/30(水) 12:16配信

THE PAGE

大阪・関西万博の協会設立 会長「協会が核になり日本中の力を結集」

 2025年に大阪での開催が決まった「2025年日本国際博覧会」(略称「大阪・関西万博」)の実施主体となる「一般社団法人 2025年日本国際博覧会協会」が設立されることとなり30日午前、大阪府咲洲庁舎(大阪市住之江区)で設立時社員総会と理事会が開かれ、中西宏明経団連会長(日立製作所会長)が協会会長に選任された。

【中継録画】2025年日本国際博覧会協会の設立総会と記者会見

中西会長「万博成功に向け最大限の努力」

 総会、理事会には、中西会長のほか大阪府の松井一郎知事、大阪市の吉村洋文市長、関西経済連合会の松本正義会長、大阪商工会議所の尾崎裕会頭、関西経済同友会の黒田章裕代表幹事が出席した。

 中西会長は選任のあいさつで「官と民と日本の英知を集めて進める正しい未来社会ということで、日本経済界一体して推進する」「万博成功に向け最大限の努力をし、協会が核になって日本中の力を結集していく」と述べた。

「万博誘致目指した時から投資と思っている」

 松井知事は「経費についてご心配いただいてますが、大阪のベイエリアというのは長年、負の遺産というありがたくない形で言われ続けてきました。経費といわれますが、ぼくはこの万博誘致を目指した時から、投資だと思ってます。投資によって今まで負の遺産と言われたベイエリアが優良な資産につくりかえられる。このエリアについて多くの投資案件が我々のところにもきていますから、」と述べた。

「投資することによってベイエリアはさらに成長する優良な資産になると確信」

 また「これは経費というとらえかたでなく、投資することによってベイエリアはさらに成長する優良な資産になると確信しております。経費についてそれほど大きな心配はないんではないかと、国民、府民、市民のみなさんにもご理解いただけると思っております」と続けた。

最終更新:1/30(水) 13:41
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事