ここから本文です

Toshlが、吉岡里帆、芦田愛菜、新垣隆らとまさかの新バンドを結成!「Y、最高だーっ!」

1/31(木) 0:01配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

■“Y!BAND”のメンバーはToshl(vo)、新垣隆(key)、吉岡里帆(g)、ふてニャン(ds)、芦田愛菜(たて笛)の4人と1匹。ポイントは、バンドとしては異例の“たて笛”!
“ワイモバイル”の新テレビCM『Y!BAND結成』篇が、2月1日から全国で放映される。

【動画】“ワイモバイル”新テレビCM『Y!BAND結成』篇

今回の新テレビCMには、吉岡里帆と芦田愛菜に加え、新キャストとして、ロックミュージシャンのToshl、作曲家・ピアニストの新垣隆が登場。女優、ミュージシャン、ピアニスト、そして猫まで、幅広いジャンルのメンバーが集結し「Y!BAND」を結成する。

『Y!BAND結成』篇は、先生役の吉岡から転校生として紹介されたToshlが、「みんな、バンドやろうぜ!」と突然声をかけ、教室が騒然とする中、軽快なリズムで演奏が始まるという内容。Y!BANDでは、Toshlがボーカル、新垣がキーボード、吉岡がギター、ふてニャンがドラム、そして芦田は“たて笛”を担当。異色メンバーによる演奏とToshlの歌声は相性抜群だ。

■新テレビCMの見どころ
前述のとおり、異色メンバーで構成されたY!BANDでは、ボーカルのToshl、キーボードの新垣はもちろんのこと、映画などで演奏経験のある吉岡はギターを、ふてニャンはドラム、そして芦田はバンドとしては異例の“たて笛”を担当。芦田の“たて笛”の音色は、絶妙にバンドの演奏で存在感を発揮。Toshlのトレードマークであるハイトーンでの歌唱は圧巻だ。

歌や演奏、ダンスと盛りだくさんの新テレビCM『Y!BAND結成』篇では、かわいくYポーズや猫ポーズをするToshlと新垣のお茶目な姿、吉岡の楽しそうに演奏する様子、芦田の真剣な表情に注目だ。

■撮影エピソード
本番が始まると、初めは抑えめに歌っていたToshlだったが、カットの回数を重ねるごとにシャウトしたり、マイクパフォーマンスをしたりと、たちまち本来の“ロッカー”の姿に変貌。圧巻の歌声とパフォーマンスに引っ張られるように、バックバンドの3人も次第に激しい動きに。あまりに熱のこもった演奏に、カットがかかった瞬間スタジオからは大きな拍手と歓声が湧き起こった。

「Toshlさんに引っ張っていただきました」と、ロックギタリストさながらのギターさばきを披露した先生役の吉岡。キュートな先生の意外な一面に、思わずドキっとしてしまうはずだ。たて笛がうまく吹けるか不安と、熱心に指導を受け練習していた芦田も、ノリノリで演奏を見事にこなしていた。

今回のCMで、演奏をしながら振り付けもする、という難しい演出をこなした出演者たち。Toshlは「“ニャー”の部分がガッキー(新垣)みたいにうまくできなかった」と反省するも、「でも演奏は十分武道館を狙えるレベルですね!」と意気込みを語り、新垣は「そうですね、やるからには頑張りましょう!」と強くうなずいた。

新垣を“ガッキー”、吉岡を“りっほー”とあだ名で呼ぶなど、すっかり打ち解けた様子の4人(と1匹)。待ち時間にふてニャンをなでたり抱っこしたりと、まるで本当のバンドメンバーのような和気あいあいとした雰囲気で撮影は終了した。

ワイモバイル公式サイト
https://www.ymobile.jp/

最終更新:1/31(木) 0:01
M-ON!Press(エムオンプレス)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事