ここから本文です

「Google+」終了は4月2日に決定 2月4日から新プロフィール作成不能に

1/31(木) 10:35配信

ITmedia NEWS

 米Googleは1月30日(現地時間)、昨年10月に発表したソーシャルサービス「Google+」の一般ユーザー向けサービス終了期日を2019年4月2日に決定したと発表した。

 この日にGoogle+のページを閉鎖し、Google+アカウントのコンテンツ削除を開始する。すべてのコンテンツ削除には数カ月かかるが、Googleはユーザーに対し、期日前に自分のコンテンツをダウンロードするよう勧めている。

 ダウンロード方法はヘルプページを参照のこと。

 2月4日には、新規プロフィール、ページ、コミュニティ、イベントが作成できなくなる。詳細はFAQを参照のこと。

 なお、この終了はG Suiteのユーザーには影響しない。Googleは10月に終了を発表した際、G SuiteではGoogle+への投資を継続すると説明していた。今回の発表でも、G Suiteの管理者向けに、間もなく新デザインと新機能を提供するとしている。Google+という名称がそのまま残るのかどうかは不明だ。

 Googleはコミュニケーションサービス「ハングアウト」も終了し、ビデオ会議アプリ「Hangouts Meet」とメッセージングアプリ「Hangouts Chat」に分割する計画だ。具体的なロードマップはまだ不明だ。

ITmedia NEWS

最終更新:1/31(木) 10:35
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事