ここから本文です

「フィギュア&トイズ」で知られるグリフォンエンタープライズ、破産開始

1/31(木) 10:48配信

帝国データバンク

 (株)グリフォンエンタープライズ(TDB企業コード:201679371、資本金1000万円、登記面=神奈川県横須賀市上町1-65、代表鈴木崇文氏)は、1月22日に横浜地裁より破産手続き開始決定を受けた。

 破産管財人は入坂剛太弁護士(神奈川県横浜市港南区上大岡西2-2-10 MK第2ビル302、上大岡中央法律事務所、電話045-353-8555)。

 当社は、1992年(平成4年)6月創業、2000年(平成12年)5月に法人改組した、フィギュア(塗装済み完成品)の製作販売業者。「フィぎゅっと!」、「フィギュア&トイズ」や同人サークル上海アリス幻樂団「東方Project」など、いわゆる美少女フィギュアが人気を博し、2015年4月期には年売上高約11億円を計上していた。

 しかし、同年9月にフィギュア製作の要である有力原型師が退職したことで、新作フィギュア発売の延期や中止が相次ぐようになり、ファンが離れ業況が悪化。次第に資金繰りに窮するようになり、2018年に入ってからは複数の取引先への支払遅延が断続的に発生、対外信用が失墜するなか、今回の措置となった。

 負債は現在調査中。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事