ここから本文です

環境省が高校ダンス大会を創設、3月よりエントリー開始

2/1(金) 15:45配信

リセマム

 環境省は2019年1月31日、国内初の「環境」をテーマにした高校ダンス大会「環境大臣杯 全国高等学校 Re-Style DANCE CUP!」を創設することを発表した。2019年3月からエントリーを開始し、10月末に全国大会を開催する予定。

環境大臣杯 全国高等学校 Re-Style DANCE CUP!

 環境省では、「第四次循環型社会形成推進基本計画」(2018年6月閣議決定)に基づき、”限りある資源を未来につなぐ。今、僕らにできること。”をキーメッセージに、資源の大切さや3Rへの態度変容や行動喚起を促進するRe-Style事業を展開している。新しいダンス大会「環境大臣杯 全国高等学校 Re-Style DANCE CUP!」は、Re-Style事業の一環として開催。事業の主要ターゲット層である10代~20代の若者層に関心の高いダンスと連動させることで、直接的なアプローチを実現し、事業への関心・共感を促す。

 大会の参加対象は、全国の高校1年生から3年生2人~12人で構成されたSmallチーム。環境省が制作したRe-Style応援ソング「巡り循った環の中に」を課題曲とし、「資源の大切さ」「3R」をテーマとしたダンスパフォーマンスをすることが参加条件となる。ダンスのジャンルは問わない。参加料は無料。

 審査では、メッセージ性、テクニック、音感技術、シンクロ&チームワーク、演出&構成の5つの項目を考慮する。審査員として、高校ダンス部マガジン「ダンスク!」編集長の石原久佳氏、プロダンサーの関根アヤノ氏などを予定。各賞は、グランプリの「環境大臣賞」、高校1年生のみで構成されたチームが対象の「新人賞」のほか、テーマ表現に優れたチームに贈る「メッセージ賞」などがある。

 今後のスケジュールは、2019年3月上旬にエントリー受付を開始、10月上旬に1次審査結果を発表、10月末に全国大会を開催する予定。具体的な日程は2019年3月に発表。「環境大臣杯 全国高等学校 Re-Style DANCE CUP!」の専用サイトでは、開催概要や課題曲が公開されている。

《リセマム 黄金崎綾乃》

最終更新:2/1(金) 15:45
リセマム

あなたにおすすめの記事