ここから本文です

痩せている人は遺伝子的に幸運だっただけ 英研究

2/1(金) 11:08配信

The Telegraph

【記者:Henry Bodkin】痩せている人は、体重管理に苦労している人よりも「道徳的に勝っている」わけではなく、幸運にも痩せやすい遺伝子を持っているだけである可能性が高いとする新たな研究結果が、米オンライン科学誌「プロス・ジェネティクス(PLoS Genetics)」に掲載された。

 英ケンブリッジ大学(Cambridge University)は、体格指数(BMI)が低い健康な成人の遺伝子を調べた。この結果、遺伝子が体重に及ぼす影響は、これまで考えられていたよりも大きいことが分かった。

 科学者らは、今回の研究結果は、高カロリーの食べ物を摂取し、あまり動かない生活を送っていても、人によって体重にばらつきがあることを説明するものだと指摘している。

 研究は、BMI18以上で健康的に痩せているボランティア1622人を対象に行った。この集団を詳しく調べたのは今回が初めてとなる。唾液サンプルのDNA分析により、健康的に痩せていることに関連するこれまで知られていなかったヒトゲノムの領域が明らかになった。また、被験者の約4分の3に痩せている家族がいることも分かった。

 研究では同時に、重度の肥満である1985人との比較も行ったところ、体重管理ができないことに関する遺伝子が発見された。「重度の肥満者には肥満になりやすい遺伝子的なサイコロが組み込まれている」と研究では説明している。

 論文の筆頭執筆者を務めたサダフ・ファローキ(Sadaf Farooqi)教授は、「体重から他人を判断したり、批判したりするのは簡単だが、事実ははるかに複雑であることを科学は示している」と指摘する。「自分が思うように体重を管理するのは極めて難しい」

 これまで数多くの研究が肥満遺伝について深く掘り下げてきたが、対極に位置する痩せる遺伝子に関する研究はほとんどされてこなかった。

 今回の研究は、なぜ健康的に痩せているのかという議論を、ライフスタイルの問題から遺伝子の問題へとシフトさせるものといえる。

 ファローキ氏は「一般的に健康な人が痩せているのは、体重が増える機会を高める遺伝子の負担が他の人よりも少ないからであって、一部の人が唱えるように、道徳的に優れているからではないことが、今回の研究により初めて示された」

 英国では現在、成人の10人中6人が過体重とされるBMI25から29に、4人に1人が肥満とされるBMI30以上に相当している。また子どものほぼ4人に1人が、5歳に達するまでに過体重または肥満となっている。過剰な体重は2型糖尿病や心疾患、がんなど深刻な疾病のリスクを大いに高める。

 今回の研究は、政府の摂取カロリーの高い人たちを対象とした啓蒙(けいもう)活動の一環として実施された。

 一方、体形について中傷する「ボディー・シェイミング」に反対する活動も並行して行われている。減量サービスを提供する「ウエイト・ウオッチャーズ(Weight Watchers)」は昨年9月、インターネット上での反ボディー・シェイミング活動を受け、社名を「WW」に変更した。

 英国民保健サービス(NHS)は、1日の摂取量を約600キロカロリー減らせば安全かつ継続的に痩せることができると提唱している。1日当たりでは、男性は最大1900キロカロリー、女性は1400カロリーが目安とされている。【翻訳編集】AFPBB News

「テレグラフ」とは:
1855年に創刊された「デーリー・テレグラフ」は英国を代表する朝刊紙で、1994年にはそのオンライン版「テレグラフ」を立ち上げました。「UK Consumer Website of the Year」、「Digital Publisher of the Year」、「National Newspaper of the Year」、「Columnist of the Year」など、多くの受賞歴があります。

最終更新:2/1(金) 11:08
The Telegraph

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事