ここから本文です

ロフトのバレンタイン広告が物議で取り下げに。どんな点に批判があったの?【UPDATE】

2/2(土) 17:13配信

ハフポスト日本版

生活雑貨ストアの「LOFT」が、1月20日から展開しているバレンタイン広告に、戸惑いの声が続出している。騒動を受け、ロフトは2月4日に広告を取り下げた。

【画像一覧】物議を醸したロフトのバレンタイン広告

この広告のメインメッセージは「女の子って楽しい!」。広告動画には冒頭、金髪でばっちり化粧をし、頭にリボンを乗せたミニスカートの女性たち5人がイラストで登場。みんな楽しそうな表情を浮かべている。

説明には、次のような謳い文句が書かれている。

『2月14日(木)はバレンタインデー。

あれこれ悩んで楽しめる、この1日は女子の特権!

楽しまなきゃもったいなくない?!

あげたい人に、選んで、包んで、

作って、集って、撮って、のせて。

おもいおもいに楽しめる、2019年ロフトのバレンタイン。

今年は、人気イラストレーター・竹井千佳さんとロフトのコラボも実現!

ポップなデザインがオトメゴコロをくすぐります。

さぁ、バレンタインを楽しもう!』

動画を見ると全然違う...

だが、動画の内容はその説明とは正反対の内容。「女の子って楽しい」とは思えない裏でのいがみ合いやギスギスした関係性を、表面では隠して仲良くしているような構成になっている。

動画は女性たちが会話のやり取りをする形式で進んでいく。まず始めは、彼氏の話題だった。

「うちのカレシマジカッコよくない?」

「わかるぅ~超イイ人そうだよね~」

「...」

「カッコよくない?」という容姿について同意を求めたのに「イイ人そう」と言われたことに、話を振った女性は沈黙する。しかし、沈黙しながら震えている女性のコマの後、「ずっと友達」を省略した「ズッ友」というフレーズが画面に飛び出してくる。

本当のことを言わずに、不満を抱えながらも表面では「ずっと友情が続いている」と揶揄するような内容に仕上がっている。

バレンタインを絡めた会話では…

「私がバレンタインに告るの、ゼッタイ内緒だからね!」

「はぁ~い」

「いやそれアンタゼッタイ言う気でしょ」

「言いませ~ん あたし超口カタいもんね~♪」

そして、この後にまた「ズッ友」が出てくる。

1/2ページ

あなたにおすすめの記事