ここから本文です

嵐の活動休止会見で涙した日テレ・青木アナは“責任放棄”

2/3(日) 11:16配信

東スポWeb

 来年いっぱいで活動を休止するアイドルグループ「嵐」が1月27日に行った会見で、ある朝刊スポーツ紙記者が聞いた「無責任じゃないのかという指摘もあるのでは?」という質問に批判が殺到している。

 質問した記者と私は特に親しいわけではないが、もちろん現場で一緒になることもあり、面識はある。知っている人間だからといってかばうつもりは全くないが、記者会見で質問をして批判されるのは気の毒としかいいようがない。

 そもそも記者会見は、何を聞かれてもいいという覚悟を持って開くものだ。もちろん、わざとケンカを売るような質問なら批判されることもあるだろうが、今回の「無責任じゃないのかという指摘もあるのでは?」というのは、突然活動休止を発表した嵐にとっては、聞かれて当たり前の質問だ。

 ただこの会見をテレビで見た嵐ファンの視聴者が、この質問に怒るのは、ある意味で仕方がない。視聴者がテレビを見て、その内容を批判することは自由だから、それについて文句を言うつもりはないが、問題はマスコミ関係者がこの質問を批判していることだ。

 特に会見翌日のワイドショーは、この質問への批判を相次いで放送したが、どんな質問をしてもいい場である記者会見で出た質問を、報道機関であるテレビ局が批判するのは言語道断だ。「報道の自由」を守るべき立場である報道機関が、自らその責任を放棄しているとしか思えない。

 中でもひどかったのは、日本テレビの青木源太アナウンサー。ツイッターに「今夜は初めて愚痴を言わせてください。無責任という言葉が会見で出ましたが、それはさすがに違うかと。あの場にいてとても悔しくて悔しくて」と記したが、取材する側にいる人間がこういうことを記すのは「報道する側が報道の自由を放棄した」と見られても仕方がない。

 さらに会見で青木アナが泣きながら質問する場面もあったが、公正中立な立場を求められるアナウンサーが泣いてしまっている時点で、すでに中立な立場ではなくなってしまっている。これでは“アナウンサー失格”と言われても当たり前だろう。

 1月29日放送の日本テレビ系「ミヤネ屋」では、MCの宮根誠司が「無責任じゃないかって発言でピリッとしたけど、逆に言うとピリッとしたがために嵐の本質が見えてきた。だからこの質問は悪い質問ではない」と話した。報道する立場としては、宮根のような考えになるのがどう考えても自然なことだ。

最終更新:2/3(日) 14:02
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事