ここから本文です

ラグビー代表合宿にSH日和佐招集 仏クラブ戦で「負けたが いいプレー」

2/3(日) 6:00配信

デイリースポーツ

 「ラグビー・チャリティーマッチ、トップリーグ選抜29-50クレルモン」(2日、岐阜メモリアルセンター長良川競技場)

【写真】“平尾ヒゲ”を蓄えて、代表入りを目指すサンウルブズ松田

 日仏ラグビーチャリティマッチが2日、岐阜県の長良川競技場で行われ、W杯代表候補入りを目指すメンバーで構成された日本のトップリーグ(TL)選抜はフランスプロリーグTOP14で2位につける強豪クレルモンに29-50で敗戦。だが後半だけなら17-19と健闘した。試合後にW杯代表候補追加招集メンバーが発表され、3大会連続W杯出場を目指すSH日和佐篤(31)=神戸製鋼=ら9選手が3日から始まる合宿に参加することが決まった。

 単なる親善試合とは違う、重みを持った戦いだった。世界トップレベルの相手に、自分の存在感をアピールできる好機。試合終了から1時間。追加招集選手9人が発表された。

 日和佐は「ボールを持っているときはいいアタックができたし、走れていたし、いい球も出せていた。悪かったところもありますが」と振り返る。そのプレーは敵将アゼマ・ヘッドコーチに「(TL選抜の)9番(日和佐)と15番(山中)が印象に残っている」と言わせるほどだった。

 日和佐は「TL選抜の中にもジャパンを目指している人はたくさんいる。お互いがアイデアを出しながらやった。負けはしたがいいプレーができた」とチームとしてのパフォーマンスに納得の表情。W杯代表争い。そのスタートラインに立った。

あなたにおすすめの記事