ここから本文です

元貴乃花親方 今後の方向性は「人として生きようと思います」

2/3(日) 18:45配信

東スポWeb

 元貴乃花親方(元横綱)の花田光司氏(46)が3日、京都・宇治市の龍神総宮社で行われた「龍神さんの豆まき」に登場した。

 花田氏は前日(2日)、名古屋市内で行われた「貴乃花応援会」に出席した際に、噂される政界転身を否定。この日も司会を務めたタレント・せんだみつお(71)から「選挙出ますか?」と突っ込まれると、マイクのスイッチを切るしぐさを見せ、おどけながら「出ません。100%です」と改めて否定し、今後の方向性については「人として生きようと思います」と語った。

 せんだは、花田氏が昨年、元フジテレビアナウンサーの河野景子さん(54)と離婚したばかりとあって「親方は独身です。結婚したい人、手を挙げて」とイジった。会場からパラパラと手が挙がり、同席した小柳ルミ子(66)も「私も独身です」と挙手したが、花田氏は「社交辞令でしょう」と苦笑した。

 花田氏は前日のパーティーの際に、社団法人を立ち上げる可能性も明かした。報道陣から改めて問われると「相撲関係の仕事ではない」と強調したが「子供たちがはだしで土の上の歩くことなんてないじゃないですか。体が丈夫になって健康になればという気持ちです。一人じゃできないことだから、全国の友人たちの協力を頂いて、少しでも広まってくれれば。代表になるか? 分からないです」と具体的に語ることはなかった。

 この日の花田氏は、参加者から握手攻めにされるなど相変わらずの人気の高さを示した。それに気をよくしたのか、顔見知りの関係者や報道陣を目がけて、全力で豆を投げるなど上機嫌だった。そんな花田氏の様子について、せんだは「昨年に比べると重荷が取れたように思う」。

 政界転身については「さっきテレビにも聞かれたよ。100%あるとか、ないとかいい加減なこと言っちゃったけど」と苦笑いしながら「半々だと思うよ。国民の待望論からいうと超一流。ファンの握手もすごかったでしょ? 年齢も時代も違うけど、スターのオーラは長嶋茂雄さんと一緒。10代からずっと注目を浴びてきたんだし、やりたいように自由にやらせてあげましょうよ」と話した。

最終更新:2/3(日) 19:23
東スポWeb

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい