ここから本文です

客を“ガチ恋”させる山下リオに「かわいい」の声『フルーツ宅配便』第4話

2/3(日) 16:00配信

クランクイン!

 俳優の濱田岳が主演を務めるドラマ『フルーツ宅配便』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)の第4話が放送され、嶋田久作扮する客を惚れさせるデリヘル嬢を演じた山下リオに視聴者から「かわいい」「キレイ」などの声がSNSに寄せられた。

【写真】ベッドで山下リオに敬礼する嶋田久作『フルーツ宅配便』第4話フォトギャラリー


 「ビッグコミックオリジナル」(小学館)で連載中の鈴木良雄による同名漫画を基にした本作は、子どもの学費を稼ぐシングルマザー、整形したい若者、詐欺で借金を背負ったOLなど、デリヘルで働くワケありな女性の人間模様を、デリヘルの店長になった男の目線を通して描いていく。

 デリヘル店「フルーツ宅配便」で働くイチゴ(山下リオ)は、ミスジ(松尾スズキ)に頼まれ、妻を亡くした72歳の元警官・丸谷(嶋田久作)の接客をすることに。丸谷は、初めてのデリヘル体験でイチゴに運命を感じてしまう。毎日のようにイチゴをロングコースで指名する丸谷を店長の咲田(濱田岳)は心配するが…。そんな中、丸谷がイチゴの為に消費者金融で借金をしていることを知った咲田は、丸谷がこれ以上深入りしないようにある手段を取る。

 初めてのデリヘル体験に感動した丸谷は自分の身の上話をしながらイチゴに対して「今お付き合いされてる方は…?」と質問すると、彼女は「いませんよ~だから毎日超寂しくてぇ」とあっけらかんと返答。続けてイチゴはベッドから起き上がると、思わせぶりな表情で「ウチら超似てますね」と一言。この天然小悪魔なシーンに視聴者から「イチゴさん可愛い」「山下リオちゃん好きだ」「イチゴちゃんキレイ」などのツイートが多数寄せられた。

 イチゴの言葉に気を良くした丸谷は、連日彼女を指名。しかし彼を深入りさせないために咲田が“イチゴは店をやめた”と話すと丸谷は逆上してストーカー化。丸谷が自宅マンション近くでイチゴとその彼氏と鉢合わせるシーンに対して、SNS上には「あーこれ危ないやつ」「嬢にガチ恋かぁ。まずいよなぁ…」「(嶋田の出演映画)帝都物語以来の恐怖w」などの声も投稿されていた。

最終更新:2/3(日) 16:00
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事