ここから本文です

みかじめ料の支払いも罰則、東京 都暴力団排除条例改正へ

2/4(月) 13:01配信

共同通信

 2020年東京五輪・パラリンピックに向けて暴力団排除活動を強化するため、警視庁は4日、暴力団組員によるみかじめ料の要求に加え、飲食店側の支払いも罰則の対象とする、改正都暴力団排除条例案の概要を公表した。17日までパブリックコメントを実施し、6月開会予定の都議会に提出、19年内の施行を目指す。

 組織犯罪対策3課によると、改正案は新宿・歌舞伎町などの繁華街を「特別強化地域」に指定。既に要求が禁止されている指定暴力団組員だけではなく、みかじめ料を支払った飲食店側や客引きなども罰則の対象とする。

最終更新:2/4(月) 19:31
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事