ここから本文です

今年2月4日からの「春節連休」、中国人旅行者数は約4億人に、日本国内のタビナカ対応や予約状況を整理した

2/5(火) 13:20配信

トラベルボイス

いよいよ、中華圏の2大大型連休のひとつ、旧正月の「春節」休暇がスタートする。2019年の中国の春節は2月5日で、休暇期間は2月4日~10日の7日間。日本での新暦の正月同様、人々はこの大型連休の機会に帰省や旅行に出かけるが、その規模は中国では今年、約4億人に達する見込みだ。この数値は、三井住友アセットマネジメントが中国春節休暇に関するレポートで発表。日本国内の観光産業の対応などとあわせて、春節の状況をまとめた。

中国市場の動向、フライト数は北京空港がトップ

中国では春節休暇期間の前後を含む特別輸送体制「春運」期間を設けているが、中国政府は今年の同期間(1月21日~3月1日の40日間)に鉄道や飛行機などの交通機関で移動する延べ旅客数は、前年比0.6%増の29億9000万人の見込みと発表(国務院新聞弁公室)。実に、国民1人が2回以上、帰省を含む旅行に出かけることになる。

さらに中国の旅行メディアchinatravelnewsは、中国航空当局の情報としてこの期間中に航空便運航が53万2000便、1日当たりの座席供給量が230万席超となるという数値を報じている。航空便の利用者はミレニアル世代が中心で、約68%以上が1980年~1990年代生まれの世代だという。

航空データの専門企業OAGは、同社の航空スケジュールデータ(2019年2月4日~10日の7日間)から、中国の航空会社と空港のフライト数でランキングを発表した。

▼航空会社別 フライト数ランキング(便数)
1位 中国南方航空 (10,144)
2位 中国東方航空 (9,911)
3位 中国国際航空 (6,168)
4位 海南航空 (3,642)
5位 深セン航空 (3,586)

▼空港別 フライト数ランキング(便数)
1位 北京首都国際空港 (3,485)
2位 広州白雲国際空港 (2,541)
3位 上海浦東国際空港 (1,984)
4位 昆明長水国際空港 (1,471)
5位 西安咸陽国際空港 (1,466)

1/2ページ

最終更新:2/5(火) 13:20
トラベルボイス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事