ここから本文です

輪島塗福袋詰め 9日から「ありがとう市」

2/5(火) 1:18配信

北國新聞社

 9日に開幕する食と漆器の祭典「輪島あえの風冬まつり」(北國新聞社後援)のメインイベント「第23回輪島塗ありがとう市」で販売する福袋の詰め込み作業が4日、輪島商工会議所で行われた。

 福袋は販売価格1万円、2万円、3万円を30袋ずつ用意する。里谷光弘会頭ら10人が漆器を検品した後、市内12の漆器業者が輪島塗の椀(わん)や花器、盆などを丁寧に袋詰めした。

 1組限定で、屏風(びょうぶ)や大型家具など約20点をそろえた290万円のセットもあり、9日午前10時から会場となる市文化会館で販売する。

 ありがとう市は17日までで輪島塗約1万点が並ぶ。重箱やテーブルが当たる抽選会や入札会なども開かれる。

北國新聞社

最終更新:2/5(火) 1:18
北國新聞社

あなたにおすすめの記事