ここから本文です

案内板が浮かび上がる?目の錯覚を利用した表示が羽田空港に登場

2/6(水) 18:30配信

THE PAGE

 駅の改札を通り抜けると…床の案内板が立体的に!目の錯覚を利用したユニークな表示が羽田空港に登場した。

 これは、京浜急行電鉄(京急電鉄)が1月28日から羽田空港国際線ターミナル駅に設置した「錯視サイン」。錯覚によって、ホーム行きエレベーターの案内板は浮かび上がるように、矢印の部分は床が抜けて穴が空いているように見える。

 「錯視サイン」は絵を床に貼り付けているため立体的に見えるが段差はなく、目の不自由な人やベビーカー利用者らの通行を妨げずに案内することができる。

 不思議な存在感を放っているが、単なる撮影スポットではない。

 京急電鉄によると、構内では、スーツケースなどを持ったままエスカレーターに乗る利用客も多く、過去に誤って落下して人に当たることがあったという。こうした事故を防止するため、錯視サインで効率的な誘導を図るのが狙い。錯覚を利用しているため、国籍や年齢を問わずに効果があると期待する。

 京急電鉄営業環境デザイン課の戸川雅也主査は「エレベーターが、改札口から見るとお客様の死角になっていて、今まで素通りされることが非常に多くあった。これまで文字情報や音声案内で案内がうまくいかなかった外国のお客様にも直感的に(錯視)サインを使って案内をしていければ」と話していた。

 京急電鉄は、錯視サインの効果を検証し、他の場所への導入を検討していくことにしている。

最終更新:2/6(水) 18:30
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事