ここから本文です

SKE48支えた松村香織さん卒コンで涙 地元埼玉で花道 最後に粉まみれの悲劇も「悔いありません!」

2/6(水) 1:33配信

埼玉新聞

 埼玉県和光市出身で地元の「和光市応援団長」を務める、アイドルグループSKE48の松村香織さんの卒業コンサートが5日、さいたま市大宮区の大宮ソニックシティ大ホールで開催された。約2500人のファンが地元埼玉での凱旋公演を見届けた。(森本勝利)

SKE48松村香織さん、笑顔で卒業発表 寝耳に水!和光市長が驚き 卒業の経緯も語る「撤回するかも笑」

■セットリストは松村さん考案「悔いなくやりきる」

 赤、緑、白の推しサイリウムが揺れる中、松村さんは「卒業コンサート行くぞ!」と気合い十分で登場。ソロ曲『マツムラブ!』でスタートすると、観客は割れんばかりの「かおたん」コールで応えた。

 所属するチームK II での『回遊魚のキャパシティ』に続き、3曲目の『チームかおたん推し』では、メンバーが松村さんとのエピソードを披露し会場の笑いを誘った。

 この日のセットリスト(曲目)は松村さん自ら考案。「悔いのないようにやりきりたい」と意気込んだ。

■ファンに感謝を伝えたユニットコーナー

 ユニットコーナーでは、若手メンバーが『オキドキ』『キスだって左利き』『意外にマンゴー』といったグループの代表曲をパフォーマンス。松村さんは観客席に登場し感謝の思いを直接ファンに伝えた。

 埼玉出身の惣田紗莉渚さんとは『チャイムはLOVE SONG』を歌った。惣田さんは「香織さん大好きです。ぜひ結婚式に呼んでください」と打ち明けると「ご祝儀は5万円ね」と言われ、思わず面を食らった様子だった。

 そして同期の須田亜香里さんとは、ユニット曲『ここで一発』を披露したほか、ダンスナンバー『Escape』では、松井珠理奈さんとダンス対決に挑戦するが、見事に完敗。息も絶え絶えの中、「やっぱり珠理奈には勝てない」という言葉を残し袖にはけていった。

■『思い出のほとんど』で思わず涙
 
 笑顔あふれる演出でライブは進んだが、卒業コンサートの定番曲『思い出のほとんど』で雰囲気が一変。会場が卒業を惜しむ空気に包み込まれた。

 メンバーが思いを込めて歌唱する中、卒業生の金子栞さん(埼玉出身)、出口陽さんらも駆けつけ門出を祝福した。金子さんは松村さんと寮生活をともに過ごした仲間、出口さんは松村さんの辛い時期を支えた良き理解者のひとり。自身にとって大きな存在である2人の登場に、我慢していた涙が思わずこぼれた。

 そして『前のめり』『夏よ、急げ!』『コケティッシュ渋滞中』といった自身の選抜曲を披露。須田さんからは「同期の中で唯一、自分の名前がついた卒業コンサートを開いてもらえるような人になったことを嬉しく思う。諦めなければ夢は叶うと教えてくれた存在だった」と語った。

 最後は「グループ活動の転機となった」と振り返る思い出の楽曲で、2012年にSNS「Google+」(通称ぐぐたす)で活躍したメンバーによって選ばれた「ぐぐたす選抜」の曲『ぐぐたすの空』を歌唱し本編が終了した。

1/2ページ

最終更新:2/6(水) 4:07
埼玉新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事