ここから本文です

1時間1円 僕貸します 岡山大辻川さん SNSで呼び掛け

2/6(水) 21:26配信

山陽新聞デジタル

 「1時間1円で僕を貸します」。岡山大経済学部4年辻川啓司さん(22)はツイッターで、こんなユニークな呼び掛けをしている。これまでに肩もみや動画撮影など、さまざまな依頼をこなしてきた。1円で自身をレンタルする、その目的は一体―。

 アカウント名は「1時間1円の人」。「普段の交友関係は居心地の良い人を選びがち。自分で選べない状況で、新たな出会いを体験したい」と考えた辻川さんは、昨年末から取り組みを始めた。依頼は、直接やりとりできるツイッターのダイレクトメッセージで受け付けている。

 これまでに受けた依頼は約10件。肩もみや「1日バーテンダー」、釣り好きの男性が釣りをしている姿をひたすら動画撮影するミッションもあった。辻川さんの趣味が「筋トレ」のため、トレーナーとしてマンツーマンでレッスンしてほしいとの要望にも応じた。

 「あくまで依頼者の夢や目標をサポートしたい」と辻川さん。「宿題をしてほしい」という依頼は来ているが、全て断っているという。「『宿題を教えてほしい』だったら引き受けるのですが…」と苦笑いする。

 「またお願いしたい」「友人にも紹介したい」など、依頼者から好評の声が上がっているという1円活動。「初めての体験ばかりで刺激になる。普通だったら出会えない依頼者との会話からも発見があり、自分自身が一番楽しんでいる」と言う。今春、企業への就職が決まっており、「社会人になっても『1時間0円の人』で活動を続けようかな」と話している。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事