ここから本文です

中日・根尾の一軍昇格に待った!

2/7(木) 17:35配信

東スポWeb

 中日の二軍がキャンプを行う沖縄・読谷球場を訪れてみた。もちろん、目当てはドラフト1位・根尾昂内野手(18=大阪桐蔭)だ。現在は右ふくらはぎの肉離れで別メニュー調整中で本人と話すことはできなかったが、小笠原二軍監督に聞くと「じっくり育てていきます。長い目で見てください」と言っていた。私もその通りだと思う。

 昨年、鳴り物入りでプロ入りした同じ左打者の日本ハム・清宮と比べ、小笠原二軍監督は「清宮の方が(体の使い方は)柔らかいと思う」と言いながらも「根尾も(同じぐらい)バットの振りは鋭くていいですよ」と評価していた。速い球に振り負けない技術を持っているということだろう。

 気になるのは一軍昇格のタイミングだ。与田監督は二軍で通常メニューに合流したら、翌日にも即昇格させる可能性を示唆しているようだが、焦りは禁物。一度は北谷での一軍キャンプを経験させてやりたい親心もあるのだろうが、今キャンプは二軍で完走させてもいい。

 立石巡回野手コーチも「肩がものすごく強い」と根尾を絶賛し「今は足をケガしているからそういう感じではないけど、足を使って送球できるようになれば、すごいボールになると思う。(シーズン中の)一軍は夏以降に出てきてくれればうれしい」と期待を寄せていた。ただ、私は根尾の一軍昇格は今年1年間、辛抱した方がいいのではという意見だ。

 広島のようにファームでしっかり土台づくりをさせて、出てくるのは2年目以降でいいと思う。早く仕上げさせて再び故障したら本末転倒だ。好素材なのは誰もが認めているだけに、客寄せパンダにはしてほしくない。

最終更新:2/7(木) 17:35
東スポWeb

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/26(金) 14:40

あなたにおすすめの記事