ここから本文です

ピンピンコロリの手前の状態を指す「フレイル」とは何か

2/7(木) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

【人生100年時代の健康法】

 ごく単純化すれば、ロコモは「整形外科的な老化と障害」、サルコは「内科的な老化と病気」ということになります。

 もちろん、きっちり分けられるものではないし、両方が混在しているお年寄りも大勢いるわけです。

 ではフレイルはどういうものでしょうか?

 これは特定の病気や症状というわけではなく、健康状態から要介護に至る中間的な状態と定義されています。ロコモもサルコも内包する、かなり広い概念を表す言葉です。

 オリジナルは英語の「frailty」。論文にはよく使われているのですが、日本語に訳そうとすると「虚弱」「衰弱」「老衰」などとなって、どうもしっくりしません。そこで日本老年医学会などが「フレイル」にしようと決めたのです。なんだか「震える」ような語感で、いかにも体が弱ったお年寄りを連想させるではありませんか。

 フレイルとは何かを、簡単な模式図で説明します。

 図の縦軸は予備能力(生理的予備能)と呼ばれています。病気や精神的なストレスなど、心身が受けるさまざまなダメージから回復する能力、つまり体力・気力にどれだけ余力があるかを示しています。横軸は年齢(加齢)で、右に行くほど高齢になります。

 左側は若くて健康な状態、右側は年を取って要介護になった状態、右端は死を意味しています。

 そしてその中間がフレイルというわけです。なおフレイルの右部分、健康からはだいぶ外れているものの、まだ要介護には至っていないあたりが、要支援状態に相当します。

 フレイル状態になっても食事や運動を改善すれば、健康状態に戻すことが可能であると考えられています。

 ただ、要支援状態になってしまうと、そこから健康を回復するのはかなり難しく、多くは要介護に進んでしまいます。

 実際には健康から要介護へと、なだらかに下っていくとは限りません。脳卒中や急性心筋梗塞を発症すれば、一気に要支援や要介護に飛んでしまうことがありますし、そのまま亡くなってしまう人もいます。

 また「ピンピンコロリ」は、比較的軽いフレイル状態からこれといった疾患もなく、一気に死に至ることと解釈できます。しかしそれは、病気で死ぬよりずっと難しそうだと思えるのです。

(永田宏/長浜バイオ大学コンピュータバイオサイエンス学科教授)

あなたにおすすめの記事