ここから本文です

仏が抗議で駐伊大使召還 関係険悪化、異例の対応

2/7(木) 22:56配信

共同通信

 【パリ共同】フランス外務省は7日、イタリアの政権による自国への度重なる非難や挑発的言動に抗議し、駐イタリア大使の召還を決めたと発表した。欧州連合(EU)加盟国間で極めて異例の対応。

 フランスのマクロン政権とイタリアのポピュリズム(大衆迎合)政権は関係が険悪化しており、外務省報道官は声明で「過去数カ月、根拠のない攻撃や極端な発言がフランスに向けられてきた。これは戦後例がない」と指摘。イタリアに対し、友好関係と相互の尊重の回復に向けた取り組みを呼び掛けた。

最終更新:2/7(木) 22:56
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事