ここから本文です

レトロな外観でも中身は最新! 懐かしさ感じる人気車5選

2/7(木) 6:20配信

くるまのニュース

今でも買えるレトロな見た目の国産車

 古いクルマに限らず、現在国内販売されているクルマでも、その外観や各部の造形などから懐かしさを感じるクルマが存在します。街中で目にするそうしたクルマに心惹かれる人もいることでしょう。

クラシカルな外観の現行国産車の画像を見る(16枚)

 そんな観点から、今でも買える見た目がクラシカルなクルマを5台ピックアップしました。

●トヨタ「センチュリー」

 トヨタ「センチュリー」は1967年の誕生以来、日本国内最高級車として国内の官公庁や企業の公用車、役員用社用車として利用されています。センチュリーは伝統的な日本の美をクルマで表現したもので、初代モデルは30年間に渡り販売されました。

 1997年に登場した2代目モデルでは、当時のスープラやソアラに搭載されていた直列6気筒エンジンのノウハウを活かし、開発されたV12気筒エンジンを国産乗用車として初採用。万が一片方のバンクに不具合が起きても残りの6気筒で走行できるように設計されています。この280psを発揮するV12気筒エンジンは静粛で滑らかなものでした。

 2代目発売から20年が過ぎた2018年にセンチュリーは3代目へと進化。パワートレインはV型8気筒5リッターエンジンとモーターによるハイブリッドシステムとし、最高出力は431psを発揮します。

 2代目までのデザインとは趣こそ異なりますが、ボディーサイドやリアクォーターから見た姿は初代から続くセンチュリーそのもの。一目でセンチュリーだとわかるデザインが採用されました。

●ダイハツ「ムーヴキャンバス」

 2016年にデビューしたダイハツ「ムーヴキャンバス」は、ライフスタイルを楽しむ女性ユーザーに寄り添うクルマとして、デザイン性と機能性を両立させたトールワゴンです。4名乗車でも不便を感じない長いキャビンスペース部分は外から見ると直線基調ですが、フロントフード先端やルーフエンドなどが丸みを帯びているため、シャープさと柔らかさを兼ね備えたデザインとなっています。

 ツートーンカラー「Stripes(ストライプス)」を選べば一気にレトロな雰囲気のクルマになりますし、純正オプション品のルーフキャリアなどをセットすれば、さらにレトロ感が深まります。

 エンジンは52psを発揮する660cc・3気筒DOHC12バルブDVVTで、燃費はJC08モードで28.6km/L。便利な後席両側スライドドアと使い勝手に優れた広い室内、そして2018年8月のマイナーチェンジでは、先行車だけでなく歩行者へのブレーキも可能になった安全運転サポート「スマートアシストIII」も全車標準装備されました。

1/3ページ

最終更新:2/7(木) 10:21
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ