ここから本文です

深キョンの腰に手を回し、「先生、俺にもご褒美ください」……“ゆりゆり”横浜流星の破壊力

2/7(木) 16:58配信

トレンドニュース(GYAO)

TBS系ドラマ「初めて恋をした日に読む話」第4話が、2月5日に放送された。俳優の横浜流星演じるピンク頭の男子高校生“ゆりゆり“こと由利匡平が、深田恭子演じる年の離れた塾講師の順子に迫った。

深キョンの腰に手を回し、「先生、俺にもご褒美ください」と迫り…ドラマ「はじこい」>>

持田あきによる同名漫画を原作とした「初めて恋をした日に読む話」(毎週火曜22時より放送)は、32歳の塾講師・順子(深田恭子)が3人のイケメンたちに囲まれながら、自分の人生を取り戻すために奮闘する姿を描いたラブコメディ。

第4話では、順子のいとこのエリート商社マン・雅志(永山絢斗)に真剣告白されるが、超鈍感な順子はそれに気付かなかった。だが、告白の現場を目撃してしまった匡平は嫉妬心をかきたてられて、いつまでも子供扱いしてくる順子にイライラしてしまう。そんななか、順子と匡平は3泊4日の塾の強化合宿に参加する。雨上がりの泥道で転んでしまった順子と匡平は、誰もいないロッジの一室で……。

順子のぬれた服を脱がせ、匡平は、「先生、俺にもご褒美ください」と迫った。さすがに鈍感な順子も、匡平に異性を感じてしまう……。ネット上では、「心臓止まるかと思った」「ゆりゆりの破壊力がやばい」「ご褒美上げたい……」といった声が続出。また、1回り以上年下のイケメンに迫られる深田に対して、「深キョンさん代わって下さい!」「イケメン3人もいいなぁ」「私が深キョンだったら即オチだわ」と嫉妬(?)する声も上がっていた。

第5話で順子は、匡平の勉強法を模索するために、東大出身の雅志のマンションを訪ねる。また、匡平の担任・一真(中村倫也)は、強引に順子を飲みに連れて行く。そして、泥酔した順子をお姫様抱っこして……。

(文/沢野奈津夫@HEW)

あなたにおすすめの記事