ここから本文です

斎藤佑樹と清宮“初対決”本塁打、バット折る場面も

2/7(木) 5:31配信

日刊スポーツ

ともに早実出身の日本ハム斎藤佑樹投手(30)と清宮幸太郎内野手(19)が6日(日本時間7日)、米アリゾナキャンプで“初対決”した。

【写真】フリー打撃で早実の先輩・斎藤と対決し、柵越え弾を放つ清宮

実戦へ向けた調整の一環で打撃投手を務めた斎藤が投げた相手が清宮。19球投げ、見逃しストライクが1球、ボール球は9球。清宮は9スイングで左中間への柵越えを含む安打性の打球が3本。内角の真っすぐで清宮のバットを折るシーンもあった。

斎藤は「今日の僕の調子自体は置いておいて、バッターに投げられたことはよかった。幸太郎ということもあって、いろいろあると思うんですけど、この時期のバッターの打球や完成度は、あまり参考にはならないです。ただ、やっぱり後輩とか関係なく、ホームランバッターといわれている構えの中で投げられた。いい練習になりました。(もう少しストライクを)取りたかったですね。一番ほしいのは、どういう感じで投げられているのか。より、いいバッターでそのシチュエーションができたのは、よかったですね」。

後輩との初対戦については「やっぱ、いいですよね。早くやりたかったですし。(先輩後輩という意識をマウンド上では)切ってると言うべきなんでしょうけど、切れないですね。いいバッターという雰囲気がありますよね。ああやって合わせたら、ホームランも出るバッター。投げていて楽しいバッターだなと感じますね。また、やりたいです」と笑顔で振り返った。

最終更新:2/7(木) 10:47
日刊スポーツ

あなたにおすすめの記事