ここから本文です

乗合タクシーが事故 5人けが

2/8(金) 20:10配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

津奈木町が業務委託する乗合タクシーが、対向車線の乗用車と正面衝突する事故を起こし、5人がけがをしました。

64歳の運転手は「気を失った」と話しています。

警察などによりますと、きょう8日午前9時過ぎ、水俣市小津奈木の国道3号線で、津奈木町が運営する乗合タクシーが車線をはみ出し、対向車線を走っていた乗用車と正面衝突した後、近くのパチンコ店の壁にもぶつかりました。

事故当時、乗合タクシーには、地域に住む70代の男性2人が乗っていましたが、64歳の男性運転手も含め、全員が軽傷だということです。

衝突された乗用車に乗っていた40代の男性2人も軽傷でした。

この乗合タクシーは、路線バスの廃止に伴って、移動手段が乏しい高齢者などが主に利用していて、津奈木町が3年前から民間に業務を委託しています。

委託されている会社は「今朝の健康チェックで、運転手の体調に異常はなかった」としていますが、運転手は「気を失った」と話しているということです。

RKK熊本放送

最終更新:2/8(金) 20:10
RKK熊本放送

あなたにおすすめの記事