ここから本文です

V.I(BIGBANG)、入隊前最後となるソウル公演にもクラブ事件の影響が…ファンが挙ってチケットキャンセル

2/8(金) 13:22配信

WoW!Korea

韓国男性グループ「BIGBANG」V.I(28)がソウル江南の有名クラブ・Burning Sunで起こった暴行事件による“後遺症”に悩まされている。大衆の非難を受ける中、ファンたちが彼のコンサートチケットの予約購入をキャンセルするなどの事態が相次いでいるのだ。

V.I(スンリ/BIGBANG)のプロフィールと写真

 V.Iは16日と17日、ソウルオリンピック公園SKオリンピックハンドボール競技場でソロ公演を開催する。しかし、彼がクラブの取締役(実質は広報)を担っていたクラブ・Burning Sunでの暴行事件が広がり、V.Iの道義的責任問題まで提起されながらファンたちがチケット購入を拒否するまでに至った。各種SNSやコミュニティーサイトには「チケットを譲る」とする数十件の書き込みも存在する。

 今回のコンサートはV.Iが入隊を控えてソウルで開催する最後の単独公演となる。

 一方、クラブBurning Sun暴行事件は、オンライン・コミュニティから始まり、先月28日、MBC「ニュースデスク」で放送されて波紋が広がった。この報道によると、クラブの客だったキム氏が昨年11月、クラブ取締役チャン氏や警備員らから集団暴行を受けたが、警察は殴られた客(キム氏自身)だけを逮捕したという。キム氏は「ニュースデスク」を通じて、「警備員らが抑えて、1人が主導的に私を殴った」と明かしたが、警察はキム氏を業務妨害の疑いで逮捕したことが分かった。

 反面、クラブ側は「キム氏がセクハラ行為をはたらいた、はたらいていないかで他の客と争いが起こり、セクハラの加害者とされたキム氏を外に連れ出して殴った」との立場を明かした。

 その後、女性A氏は1日、JTBCに「(キム氏が)しきりにのぞいていたと思ったら、後ろから私をつかんだ。腰のあたり。驚いてすぐに隔離させた」と述べた。A氏によると、A氏一行がキム氏を押しのけたことで揉みあいが始まり、現場にいたチャン取締役がキム氏を連れて出ていったという。結局A氏は、キム氏が自分に性的暴行をはたらいたとして告訴し、キム氏は警察に出頭、7時間ほど調査を受けた。

 その後、Burning Sunを囲み、麻薬横行や性的暴行などの問題が指摘され、さらに波紋を広げている。現在警察は麻薬および性暴力疑惑に関しても、防犯カメラ映像を確保して調査をおこなっている状況だ。

最終更新:2/8(金) 13:22
WoW!Korea

あなたにおすすめの記事